ポテトプロテイン市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のポテトプロテイン市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。

ポテトプロテインは、ジャガイモのデンプンを生成・分離する際に発生する乾燥した副産物です。ポテトプロテインは、消化可能なタンパク質とアミノ酸を豊富に含んでおり、沈殿と遠心分離によってポテトジュースから抽出されます。ポテトプロテインは、濃縮タイプ、単離タイプ、加水分解タイプがあり、動物性タンパク質の代替品として広く使用されています。ポテトプロテインは消化しやすく、体の代謝を高め、血圧を下げる効果があります。また、水への溶解性、脂肪の吸収性、ベーカリー製品に気泡を取り込む起泡性など、さまざまな機能性を持っています。その結果、ポテトプロテインは、粉ミルク、栄養補助食品、焼き菓子、アイスクリーム、シリアル、スープ、スナックなどの製造に広く利用されています。

市場の動向

食品・飲料業界の著しい成長と、国民の健康志向の高まりが、市場の見通しを良くしている主な要因の一つです。消費者の菜食主義的な食生活への移行に伴い、植物性タンパク質の有効な供給源としてポテトプロテインの需要が高まっています。また、消費者の間で動物の健康維持に対する意識が高まっていることも、市場の成長に拍車をかけています。分離したポテトプロテインは、家畜の筋肉の成長を促進し、消化を良くするために飼料に添加されます。これに伴い、スポーツドリンクや体重管理用のサプリメントにポテトプロテインが広く採用されていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、タンパク質の変性や機能低下を最小限に抑える革新的な分離タンパク質の抽出技術が登場したことも、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のポテトプロテイン市場は、タイプ及びアプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・分離

・濃縮

・加水分解

アプリケーション別の市場区分

・動物飼料

・パン・菓子

・肉類

・サプリメント

・その他

市場の競合状況

世界のポテトプロテイン市場における主要な企業としては、AGRANA Beteiligungs-AG、Avebe、Bioriginal Food & Science Corp (Cooke Inc.)、Duynie Group (Royal Cosun)、Kemin Industries Inc、KMC Ingredients、Meelunie B.V. (Hoogwegt Groep B.V.)、PEPEES Group、PPZ SA w Niechlowie、Roquette Frères、Tereosなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]