Webリアルタイムコミュニケーション市場、2021年から2026年にかけて約38%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のWebリアルタイムコミュニケーション市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を見せました。2021年から2026年にかけて、市場は約38%のCAGRで成長すると予測されています。

Webリアルタイムコミュニケーション(WebRTC)は、メディアを直接交換するためのブラウザ間アプリケーションをサポートします。通常、オープンなウェブ標準として実装され、主要なブラウザ上で通常のJavaScriptアプリケーションプログラミングインターフェース(API)として広く利用されています。ビデオ、音声、一般的なデータの共有が可能で、開発者は堅牢な通信ソリューションを構築することができます。その結果、カメラやマイクを使用する重要なWebアプリケーションや、画面共有を提供する高度なビデオ通話アプリケーションで利用されています。

市場の動向

金融サービスのデジタル化に伴い、モバイルバンキングや保険のアプリは、メッセージングによる迅速なコミュニケーションで絶大な支持を得ています。これは、WebRTCが迅速な決済プロセスを実現し、全体的な顧客体験を向上させることから、市場成長の主要な促進要因となっています。また、サードパーティのデスクトップコミュニケーションソフトウェアのインストールが不要になります。その結果、特別なドライバやプラグイン、中間サーバーを必要とせずに強力なマルチメディア機能を提供するため、世界中の小売業で応用されています。さらに、スマートフォン、タブレット、パーソナルコンピューター(PC)、リモートセンサー、ルーターなどの接続デバイスの利用が増加していることから、カーシェアリングサービスや航空会社のアプリに対するWebRTCの需要も高まっています。加えて、世界中の企業では、タスクの調整、従業員のスケジュール管理、連絡などのコア機能にWebRTCを採用する動きが広がっています。このほか、人口の高齢化、通信の向上、医療施設のニーズの高まりなどが、遠隔医療用にカスタマイズされたWebRTCベースのビデオ会議サービスの導入を促進する要因となっています。また、コロナウイルス感染症(COVID-19)の急増も、患者の遠隔管理のための遠隔医療サービスの必要性を高め、市場成長の推進要因として作用しています。

主要な市場区分

世界のWebリアルタイムコミュニケーション市場は、コンポーネント、対応デバイス、最終用途産業に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

ソリューション

・音声通話・会議

・ビデオ通話・ビデオ会議

・メッセージ・ファイル共有

・その他

サービス

対応デバイス別の市場区分

・モバイル

・デスクトップ

・タブレット

・その他

最終用途産業別の市場区分

・BFSI

・小売

・IT・通信

・公共部門

・メディア・エンターテイメント

・製造業

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界のWebリアルタイムコミュニケーション市場における主要な企業としては、AT&T Inc., Avaya Inc., Cisco Systems Inc., Dialogic Corporation (Enghouse Systems Limited), Oracle Corporation, Plivo Inc., Polycom Inc. (Plantronics Inc.), Quobis, Ribbon Communications Operating Company Inc., Sangoma Technologies Corporation, Twilio Inc. ,Vonage Holdings Corp.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]