血液製剤市場、2021年から2026年にかけて6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の血液製剤市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は6%のCAGRで成長すると予測されています。

献血は、ドナーから1単位の血液を採取する人命救助の手順です。この血液は、細胞成分、コロイド、結晶質の混合物で構成されており、患者に使用するためにはこれらを分離する必要があります。そのため、1単位の全血を冷凍遠心分離機で各成分に分離する血液調整法が広く採用されています。成分としては、凍結沈殿物、血小板濃縮物、新鮮凍結血漿、PRBC(Packed Red Blood Cell)濃縮物などが一般的です。また、この方法は、各血液成分を異なる用途に最大限に活用することができます。

市場の動向

コロナウイルス病(COVID-19)の患者が急増し、有効な治療法がないため、いくつかの病院では、重症患者の有望な治療法として回復期血漿に頼っています。このことは、健康な献血から血漿を分離する血液調製法の必要性にプラスの影響を与える重要な要因の1つとなっています。これとは別に、貧血、鎌状赤血球症、血友病、癌などの慢性疾患の有病率の増加が、輸血の需要を促進しています。また、世界的な政府・非政府組織(NGO)による啓発活動により献血者数が増加していることも、市場の成長に寄与しています。また、外科手術の件数が大幅に増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、いくつかの医療機関では、血液成分の迅速な分離のために高度なデジタル技術の採用に力を入れています。また、血液の在庫記録を管理するために無線自動識別(RFID)技術を活用しており、今後数年間で血液調製法の用途が拡大すると予想されます。

主要な市場区分

世界の血液製剤市場は、製品、抗血栓剤・抗凝固剤の種類、抗血栓剤・抗凝固剤の用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

全血

・赤血球

・顆粒球

・血漿

・血小板

血液成分

・全血成分

・パックドレッドセル

・白血球減少型赤血球

・凍結血漿

・血小板濃縮液

・凍結沈殿物

血液誘導体

抗血栓剤・抗凝固剤の種類別の市場区分

血小板凝集抑制剤

・糖蛋白質阻害剤

・COX阻害剤

・ADP拮抗薬

・その他

線溶薬

・組織プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)

・ストレプトキナーゼ

・ウロキナーゼ

抗凝固剤

・ヘパリン

・ビタミンK拮抗薬

・直接トロンビン阻害剤

・直接作用型第Xa因子阻害剤

抗血栓剤・抗凝固剤の用途別の市場区分

・血小板減少症

・肺塞栓症

・腎臓障害

・狭心症 血管合併症

・その他

市場の競合状況

世界の血液製剤市場における主要な企業としては、Baxter International Inc.、Boehringer Ingelheim International GmbH、Bristol-Myers Squibb Company、第一三共株式会社、GlaxoSmithKline PLC、Johnson & Johnson Services Inc.、LEO Pharma A/S、Pfizer Inc.、Portola Pharmaceuticals Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]