ヨガマット市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のヨガマット市場は、2021年から2026年の予測期間において、約5%のCAGRで成長すると予想されています。

ヨガマットは、様々なヨガのポーズを安全かつ快適にとるために、滑りにくくクッション性のある表面となっており、ヘシアン、プラスチック、ゴム、コルクなどを使用して作られています。これらのマットは、プリント、スタイル、厚さ、組成、グリップ、重量、価格、色、パターン、表面の質感など、さまざまな種類があります。また、メーカー数社は、抗菌性、細菌性、真菌性を備えたプレミアムデザインのヨガマットを提供しています。さらに、ジュートやオーガニックコットンなどの天然素材を使用したエコフレンドリーなマットを開発し、オンラインで展開することで消費者層を拡大しています。

市場の動向

座りっぱなしの生活、多忙なスケジュール、慢性疾患の増加などを理由に、個人でスポーツやフィジカルトレーニングをする人が増加していることは、市場の成長を促す重要な要因となっています。また、一般的にヨガマットにはポリ塩化ビニル(PVC)が使用されていますが、PVCは埋め立て地では分解されず、リサイクルが困難でコストがかかります。このことは、人々の環境問題への関心の高まりとともに、世界中で環境に優しいヨガマットの需要拡大に寄与しています。さらに、アウトドアやアドベンチャーの人気が高まっていることに加え、旅行・観光産業が急成長していることも、ヨガマットの需要増加に拍車をかけています。これらのマットは、折り畳み式で、快適で、持ち運びが容易なため、どこでも使用することができます。加えて、外出先でワークアウトをする人々が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、主要メーカーは、紫外線(UV)耐性を備え、細菌がマットに付着するのを防ぐための独立気泡構造の製品を提供しています。その他、スマートフォンの販売台数の増加に伴い、手間のかからないオンラインショッピングが好まれるようになったことや、ソーシャルネットワーキングプラットフォームの影響力が高まっていることも、市場の成長をさらに加速しています。

主要な市場区分

世界のヨガマット市場は、素材、最終用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

素材別の市場区分

・PVC

・TPE

・ゴム

・コットン&ジュート

・その他

最終用途別の市場区分

・ヨガ・フィットネスクラブ

・家庭用

・その他

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・専門店

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のヨガマット市場における有力企業としては、Adidas AG、ALO LLC(Color Image Apparel Inc)、Barefoot Yoga Co、Ecoyoga Ltd、EuProMed s.r.o.、Hugger Mugger、JadeYoga、Liforme Ltd.、Lululemon Athletica、Manduka、prAna(Columbia Sportswear)、Yaazhtexなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]