獣医用ソフトウェア市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の獣医用ソフトウェア市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

獣医用ソフトウェアは、獣医師が日常業務を合理化し、会計などのバックオフィス業務を処理するために利用されます。これは、患者情報の管理、治療の計画とスケジューリング、コミュニケーションと顧客関係の改善を支援します。また、プロセスを簡素化し、獣医チームの効率を高め、データを収集し、レポートを作成し、紙の使用を減らすことによって持続可能なプラクティスに従うことを支援するものです。現在、高度な動物病院向け診療管理ソフトウェアは動物病院で使用されており、小規模な診療所では縮小版が使用されています。

市場の動向

ペットの普及率の増加、人獣共通感染症の流行、動物の健康診断の需要の高まりは、市場の成長を強化する重要な要因となっています。獣医用ソフトウェアは、薬剤データベースを維持し、生産性を向上させ、時間を節約することができます。その結果、動物の診療所や病院での日常業務を監督する必要性が大幅に高まり、市場の成長を支えています。また、すべてのプロセスのために一つのプラットフォームでソリューションを提供するクラウドベースの診療管理システムなど、技術的に高度なソフトウェアの採用が拡大しており、市場の成長を促しています。この高度なソフトウェアは、事業の収益性のモニタリング、診断画像の保存、患者データの統合とパフォーマンスの追跡、薬剤在庫の注文、携帯端末からのデータアクセスなどを支援します。ペットの健康管理のための費用対効果の高いソフトウェアソリューションで、治療、相談、トレーニングなどさまざまな目的で他の獣医師とリモートで共有することができます。動物により良いケアを提供し、それが市場成長の推進力となっています。その他、ペット保険の普及、ペット人口の増加、動物医療費の増大、動物由来食品の需要拡大、開業医の急増などが、市場の好況をもたらすと予想されています。

主要な市場区分

世界の獣医用ソフトウェア市場は、製品、提供形態、診療科目、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・診療所管理ソフトウェア

・画像処理ソフトウェア

・その他

提供形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド/Webベース

診療科目別の市場区分

・小動物

・混合種

・馬

・食用動物

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・リファレンスラボラトリー

市場の競合の状況

世界の獣医用ソフトウェア市場における主要な企業としては、Animal Intelligence Software Inc.、ClienTrax、Covetrus Inc、Esaote SpA、Henry Schein Inc、Hippo Manager Software Inc、IDEXX Laboratories Inc、Onward Computer Systems、Patterson Companies Inc、Timeless Veterinary Systems Inc、Vetter Software Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]