新生児スクリーニング市場、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の新生児スクリーニング市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約9%のCAGRで成長すると予測されています。

新生児スクリーニングは、乳幼児スクリーニング、保護者の教育、適切なフォローアップ、診断検査、疾病管理、継続的な評価に焦点を当てた公共ヘルスケアの取り組みです。新生児スクリーニングは、重大な罹患率、死亡率、知的障害(ID)を引き起こす可能性のある疾患を対象としています。新生児スクリーニング検査に含まれる疾患には、ガラクトース血症、フェニルケトン尿症(PKU)、ホモシスチン尿症、難聴、鎌状赤血球症(SCD)、ビオチニダーゼ欠損症、メープルシロップ尿、先天性副腎過形成、中鎖アシルCoA脱水素酵素(MCAD)欠損症が含まれます。現在、世界中の公的医療機関は、タンデム質量分析(MS/MS)などの新しい検査技術を採用し、血液サンプルを用いてタンパク質や脂肪酸の代謝に関連する障害を検出しています。

市場の動向

乳幼児の先天性疾患の有病率の上昇と、子どもの健康に対する両親の関心の高まりは、市場に影響を与える重要な要因の一つとなっています。新生児スクリーニングは、障害の早期発見、診断、介入のための特定の実験室評価とポイントオブケア検査に依存しています。これらの障害は、遺伝、代謝、血液、ホルモンに関連するもので、出産後すぐに明らかになるものではなく、実際的な介入が必要です。このことは、早期診断に関する意識の高まりや診断方法の改善と相まって、市場の成長を促進しています。また、信頼性の高い免疫測定法と分子診断法の開発により、原発性甲状腺機能低下症、嚢胞性線維症(CF)、先天性トキソプラズマ症などの疾患が、複数の新生児スクリーニング検査で対象とされるようになってきています。さらに、多数の国の政府機関が、子どもの罹患率と死亡率の増加により新生児スクリーニングプログラムを義務付けることを計画しており、これも市場成長に寄与しています。加えて、大手企業は製品の持続可能性を確保するために戦略的パートナーシップの構築に取り組んでおり、市場に明るい展望をもたらすと予想されます。

主要な市場区分

世界の新生児スクリーニング市場は、製品、技術、検査タイプに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・機器

・試薬

技術別の市場区分

・タンデム質量分析

・パルスオキシメトリー

・酵素ベースアッセイ

・DNAアッセイ

・電気泳動法

・その他

検査タイプ別の市場区分

・乾燥血液スポット検査

・CCHD

・聴覚検査

市場の競合状況

世界の新生児スクリーニング市場における主要な企業としては、Agilent Technologies Inc.、Baebies Inc.、Bio-RAD Laboratories Inc.、Chromsystems Instruments & Chemicals GmbH、Danaher Corporation、Masimo Corporation、Medtronic plc、 Natus Medical Incorporated、Perkinelmer Inc.、 RECIPE Chemicals + Instruments GmbH、 Thermo Fisher Scientific Inc.、 Trivitron Healthcare、 Waters Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]