ウィンドウフィルム市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のウィンドウフィルム市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

ウィンドウフィルムは、建物全体の美観を高めるために使用される固形ポリエステルラミネートのシートを指します。保護用の剥離ライナー、耐傷性コーティング、紫外線(UV)防止剤入りの接着剤を使用して作られ、さらにコーティング、ラミネート、金属蒸着、スパッタリング、着色などが施されています。また、金属、染料、顔料で着色することで、ガラスを透過する可視光線を低減し、太陽からの熱を遮断することができます。現在では、個人の用途や要求に応じて、さまざまな種類のウィンドウフィルムが販売されています。例えば、透明で多層のポリエチレンテレフタレート(PET)で製造されたフィルムは、ガラスの飛散を防ぐことができます。

市場の動向

高いエネルギーコストの節約、熱の蓄積の低減、過剰なグレアのカット、室内装飾品の早期退色防止、安全性とセキュリティの向上、プライバシー保護などといったウィンドウフィルムの利点は、市場成長の主な要因となっています。また、現代的でモダンな住宅の増加も市場の成長を後押ししています。ウィンドウフィルムは、日差しが強いオフィスビルなどで使用され、快適なオフィス環境の実現に役立っています。ウィンドウフィルムは、気候やエネルギーの制御、暖房・換気・空調(HVAC)機器の摩耗やメンテナンスの軽減に役立つため、商業施設の建築評価を向上させる目的での利用が進んでいます。さらに、ウィンドウフィルムの施工は簡単で安価なため、世界中の小売店、レストラン、美術館、学校、保育園、医療施設などで採用が進んでいます。また、大手企業は真空蒸着やナノ粒子顔料を使用したハイテク製品を提供しており、自動車産業での用途拡大が期待されています。

主要な市場区分

ウィンドウフィルムの世界市場は、製品、用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・サンコントロール

・装飾用

・セキュリティ・安全性

・プライバシー

・その他

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・家庭用

・商業

・海上

・その他

市場の競合状況

ウィンドウフィルムの世界市場における主要な企業としては、3M Company、American Standard Window Films、Armolan、Avery Dennison Corporation、Eastman Chemical Company、Johnson Window Films Inc.、LINTEC Corporation、Nexfil Co. Ltd.、Saint-Gobain Performance Plastics Corporation (Compagnie de Saint-Gobain S.A.)、Toray Plastics (America) Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]