非経口栄養剤市場、2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の非経口栄養剤(静脈栄養剤)市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

非経口栄養剤(PN)、または静脈栄養剤は、脂肪、タンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物、電解質などの液体栄養を提供します。非経口栄養剤は、消化管を利用できない患者に栄養補給を行う専門的な栄養療法の一つであり、栄養失調を防ぎ、エネルギー、水分、体力を維持することができます。そのため、がん、クローン病、短腸症候群、虚血性腸疾患、腸管機能異常などの患者に広く使用されています。

市場の動向

栄養失調の増加、出生率の上昇、早産の増加などが、世界中で非経口栄養剤の需要を喚起する主な要因となっています。また、喘息、白血病、結核、気管支炎、水疱瘡、貧血などの小児疾患を抱える患者数が大幅に増加しています。これに加えて、比較的慢性疾患にかかりやすい高齢者人口の増加も、非経口栄養剤の需要にプラスの影響を与えています。さらに、ファーストフードの消費が増えたことで、高血圧、糖尿病、肥満、その他の代謝障害などの非感染性疾患の発生が増加しています。これに加えて、肝不全、腎不全、タンパク質・エネルギー栄養失調の発生率が上昇していることから、アンモニア酸が豊富な非経口投与製品の消費が増加しています。さらに、脂質エマルジョンの最適化や間接熱量測定法の活用などによる非経口栄養剤の大幅な改善が、市場を牽引しています。その他の要因としては、各国の政府機関や民間団体が医療部門の発展のための支出を増加させていることや、医療部門でPN製品の採用が進んでいることなどが挙げられ、世界全体で市場の成長が加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界の非経口栄養剤市場は、栄養素タイプ別、エンドユーザー別に分類されています。

栄養素タイプ別の市場区分

・炭水化物

・脂質エマルジョン

・アミノ酸単回投与液

・微量元素

・ビタミン・ミネラル

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・クリニック

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の非経口栄養剤市場における主要な企業としては、Aculife Healthcare Private Limited、B. Braun Melsungen AG、Baxter International Inc.、Fresenius SE & Co. KGaA、Grifols S.A.、株式会社大塚製薬、Pfizer Inc.、Servona GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]