オートミルク市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のオートミルク市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約8%のCAGRで成長すると予測されています。

オートミルクは、オーツ麦を原料とした植物性のヴィーガン向け無乳酸乳代替品です。その製造プロセスは、オーツ麦を浸し、ブレンドし、濾すことで行われます。このミルクは、生の状態でも、デーツ、バニラ、シナモンなどのフレーバーを加えた天然の甘味料としても飲むことができます。クリーミーなテクスチャーで、オーツ麦の大部分がブレンドとストレーニングの後に吸収されています。オートミルクには、ビタミンB、葉酸、マンガン、亜鉛、チアミン、マグネシウム、リン、銅などが含まれています。市販されているオートミルクには、鉄分、カリウム、リボフラビン、カルシウム、食物繊維、ビタミンA、Dなどの栄養素が添加されています。

市場の動向

乳製品の代替品としてオートミルクを利用する傾向が世界的に高まっていることが、市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。オートミルクは、味が似ているだけでなく、健康面や持続可能性の面でも人気を集めています。また、メーカーは国内市場で独自のセールスポイントを獲得し、製品を差別化するために、オートミルクを抽出する革新的な方法を採用し始めています。現在、市場関係者は、最終製品のコスト効率を高めるために、農家から高品質の原材料を直接調達しており、これが市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、乳糖不耐症の人が増えていることや、オートミルクが便利なパッケージで提供されていることなどの要因も、市場の成長に拍車をかけています。

主要な市場区分

世界のオートミルク市場は、ソース、製品、パッケージタイプ、アプリケーション、流通チャネルに基づいて分類されています。

ソース別の市場区分

・オーガニック

・コンベンショナル

製品別の市場区分

・プレーン

・フレーバー

パッケージタイプ別の市場区分

・カートン

・瓶

・その他

アプリケーション別の市場区分

・食品

・飲料

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・食料品店

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のオートミルク市場における主要な企業としては、Califia Farms LLC、Earth’s Own Food Company Inc、Elmhurst Milked Direct LLC、Happy Planet Foods Inc、Oatly AB (Cereal Base Ceba AB)、Pacific Foods of Oregon LLC (Campbell Soup Company)、Planet Oat Oatmilk (HP Hood LLC.)、RISE Brewing Co.、The Hain Celestial Group Inc.、Thrive Market Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]