チューブ包装市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

チューブ包装の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。市場は2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長すると予測されています。

チューブ包装とは、クリームやローション、ジェルなどの濃厚な液体や固体の包装に使われる円筒形や中空の容器を指します。チューブ包装は、日光や摩擦、破損から内容物を保護する役割を担っています。チューブ包装は通常、押出成形、スライシング、パンチング、クランピングなどの加工が行われ、機能的でユニークな製品を提供するために、パーソナライズされたラベル、色、デザインでカスタマイズすることができます。通常、プラスチック、アルミニウム、板紙を使って製造され、一端が楕円形のオリフィスで構成され、キャップやシールベースのクロージャーを使って閉じられ、もう一端は折りたたまれるか密封されています。そのため、パーソナルケア、化粧品、化学、医薬品、食品・飲料など、さまざまな産業で幅広く使用されています。

市場の動向

チューブ包装の世界市場は、主にパーソナルケアや化粧品向けの小型パッケージングソリューションの需要が高まっていることが主な成長要因となっています。また、大衆の間で製品の衛生に対する意識が高まっていることも、チューブ包装の需要増加に影響を与えています。チューブ包装は、多層バリア構造により製品の保存性を高め、酸素、光、バクテリア、その他の汚染物質への曝露を最小限に抑えることができます。さらに、塗りやすさを向上させ、ユーザーエクスペリエンスを改善するための斬新なアプリケーター、ブラシ、スポンジヘッド、ポンプキャップの発売など、さまざまな製品のイノベーションも、市場成長を促す要因として作用しています。加えて、製品メーカーは、再利用可能で堆肥化可能なプラスチック材料を使用して製造された持続可能なチューブ包装ソリューションを開発しており、市場の成長に好影響を与えています。その他、急速な都市化、消費者の購買力の向上などが、市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のチューブ包装市場は、タイプ、素材タイプ、用途に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・スクイーズチューブ

・ツイストチューブ

・その他

素材タイプ別の市場区分

・プラスチック

・紙類

・アルミ

・その他

用途別の市場区分

・食品・飲料

・化粧品

・医薬品

・洗浄剤

・その他

市場の競合状況

世界のチューブ包装市場における主要な企業としては、ALBEA、Amcor Plc、Berry Global Inc、Clariant AG、EPL Limited、Hoffmann Neopac AG、Huhtamaki OYJ、Montebello Packaging、Romaco Group (Truking Group), Sonoco Products Company、VisiPak (Sinclair & Rush Inc) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]