有害生物駆除市場、2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の有害生物駆除市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

有害生物駆除は、有害な細菌や昆虫、動物の成長を抑制し、ペスト、脳炎、黄熱病、マラリア、チフスなどの媒介性疾患の管理に役立ちます。また、農業分野では、アリ、ハチ、カブトムシなどから作物や商業用木材を守るために使用されています。現在、環境問題への関心の高まりから、化学薬品を使用しない有害生物駆除の方法として、作物の排除、輪作、衛生管理、生物学的防除などが世界的に注目を集めています。

市場の動向

急速な都市化、世界人口の増加、気候条件の変化、耕地面積の減少などによる食糧不足の深刻化は、作物の損失を防ぎ収穫量を向上させるための有害生物駆除の導入にプラスの影響を与えている主な要因の一つです。また、殺虫剤が環境や食物連鎖に与える悪影響についての認識が高まっていることから、殺熱、粘着性バリアー、洪水などの革新的な有害生物防除法のニーズが、農業地域や野生地域、その他の自然地域で大幅に増加しています。これとは別に、主要な市場のプレーヤーは、経済的で環境に優しく、効果的で毒性の低い植物由来の製品を開発しています。これは、持続可能な農法や環境に配慮した総合的有害生物管理(IPM)戦略の導入が進んでいることと相まって、市場の成長を後押ししています。さらに、各国のインフラ整備に伴う建設業界の成長が、今後数年間の有害生物駆除市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界の有害生物駆除市場は、タイプ、有害生物の種類、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・化学的

・機械的

・生物学的

・その他

有害生物の種類別の市場区分

・昆虫

・シロアリ

・げっ歯類

・その他

用途別の市場区分

・住宅

・商業

・農業

・産業

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の有害生物駆除市場における主要な企業としては、Anticimex Ab、Arrow Exterminators Inc、Atalian Servest Group Ltd、Dodson Pest Control Inc、Ecolab Inc、Massey Services Inc、Rentokil Initial plc、Rollins Inc、Sanix Incorporated、Target Specialty Products、Terminix Global Holdings、Truly Nolen of America Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]