オペレーショナルインテリジェンス(OI)市場、2021年から2026年にかけて11.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

オペレーショナルインテリジェンス(OI)の世界市場は、2020年に1億9千万米ドル規模に達しました。オペレーショナルインテリジェンス(OI)とは、機械学習(ML)、人工知能(AI)、データウェアハウスなどの自動化されたデータ収集技術に依存するデータ収集分析技術のことで、ビジネスプロセスや活動をリアルタイムで監視するために使用されます。主な機能としては、拡張性、オンデマンドでのレポート生成、複雑なイベント処理、ダッシュボードやビジュアライゼーションなどがあります。これにより、ITシステムの機能をより深く洞察し、ネットワーク上のアクティビティのパターンを特定することで、データ漏洩を防ぐことができます。現在、OIはビッグデータと組み合わせて、重要業績評価指標(KPI)や業務指標を提供するために使用されています。

市場の動向

オペレーショナルインテリジェンス(OI)は、銀行、金融サービス、保険(BFSI)の分野で、膨大な量のデータを監視し、重要な金融システムの稼働率を確保するために採用されています。これは、大量のリアルタイムデータの生成と相まって、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、物流分野では、サプライチェーンのオペレーションをリアルタイムに把握するために使用されています。さらに、患者を中心とした医療への関心の高まりは、リソースの最適化とワークフローの合理化を目的とした医療業界におけるOIの導入にプラスの影響を与えています。加えて、中小企業では、最新のトレンドを把握し、より多くの人々に情報を届けるために、ソーシャルメディア・プラットフォームとOIを統合しています。さらに、組織のITインフラから収集したデータを簡素化するためにも利用されており、オペレーターの迅速かつ信頼性の高い意思決定に役立っています。その他、電子商取引の拡大やセキュリティ侵害の増加なども、市場の成長をさらに加速する要因として期待されています。2021年から2026年にかけて、世界のオペレーショナルインテリジェンス(OI)市場は11.4%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

世界のオペレーショナルインテリジェンス(OI)市場は、展開タイプ、組織規模、最終使用産業、アプリケーションに基づいて分類されています。

展開タイプ別の市場区分

・オンプレミス

・クラウドベース

組織規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

最終使用産業別の市場区分

・BFSI

・製造業

・ヘルスケア

・小売業

・運輸・物流

・エネルギー・電力

・通信・IT

・その他

アプリケーション別の市場区分

・家庭用

・業務用

・その他

市場の競合状況

世界のオペレーショナルインテリジェンス(OI)市場における主要な企業としては、Axway Inc.、Intelligent InSites Inc. (Infor)、OpenText Corp.、Oversight Systems Inc.、SAP SE、Software AG、Space Time Insight Inc. (ノキア)、Splunk Inc.、SQLsteam、Vitria Technology Inc. (Innovation Technology Group Inc)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]