航空撮影市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の航空撮影市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約12%のCAGRで成長すると予想されています。

航空撮影とは、ヘリコプター、固定翼機、気球、パラシュート、ロケット、無人航空機(UAV)などの飛行体から地上の写真を撮影するプロセスを指します。これらは、地理空間マッピング、インフラ計画、災害管理、地上監視、環境モニタリングに関する洞察を得るために一般的に使用されています。イメージングシステムには、LiDAR(Light Detection and Ranging)システム、360度ビジョンカメラ、ジオグラフィックシステムが搭載されています。これらのシステムは、土地被覆、植生、土壌、地質などの空間情報を提供し、分析や都市計画、路線設計などに利用されています。

市場の動向

建設業や観光業が大きく成長していることは、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。これに伴い、ドローンやその他のUAVは、商業、住宅、産業分野の情報を得るために使用され、研究や土地のマッピングのための観察や画像の取得を遠隔で行っています。建設業界では、地形情報の収集や現場検証のために空撮ソリューションが導入されています。また、位置情報サービスの普及が市場の成長を後押ししています。公共機関や政府機関では、考古学的な調査や360度パノラマインターフェースの開発に航空イメージングソリューションが使用されています。さらに、無線技術の向上やIoT(Internet of Things)ベースのシステムとの統合など、さまざまな技術的進歩が市場の成長に貢献しています。これらの技術は、通常は立ち入ることのできない地面や空間の高品質な画像を得るのに役立ちます。その他の要因としては、防衛用途での空中撮影の利用が増加していることや、地震、火災、洪水、サイクロン、竜巻などの自然災害が増加していることなどがあり、市場をさらに押し上げる要因になると予測されます。

主要な市場区分

世界の航空撮影市場は、航空機タイプ、カメラの方向、アプリケーション、最終用途産業に基づいて分類されています。

航空機タイプ別の市場区分

・固定翼機

・ヘリコプター

・UAV/ドローン

・その他

カメラの方向別の市場区分

垂直

斜め方向

・斜め上方

・斜め下方

アプリケーション別の市場区分

・地理空間マッピング

・インフラ計画

・アセットインベントリ管理

・環境モニタリング

・国内および都市の地図作成

・監視・モニタリング

・災害管理

・その他

最終用途産業別の市場区分

・官公庁

・エネルギー

・防衛

・農業・林業

・建設・考古学

・メディア・エンタテインメント

・その他

市場の競合状況

世界の航空撮影市場における主要な企業としては、Blom Norway (Terratec AS), Cooper Aerial Surveys Co., Digital Aerial Solutions LLC, Eagle Aerial Solutions, Eagle View Technologies Inc., Fugro N.V., GeoVantage Inc. (John Deere), Global UAV Technologies Ltd., Kucera International Inc., Landiscor Real Estate Mappingなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]