スポーツフィッシング用品市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のスポーツフィッシング用品市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

スポーツフィッシング用品とは、釣り竿、釣り針、ライン、ベイト、ルアー、シンカーなど、レクリエーションとしての釣りや競技に使用される製品を指します。これらの道具は、道具を使わない釣り、グラップリング、ラインフィッシング、トラップ、バッグネットを使った釣り、トローリング・シーニング、ギルネットなどに使用されます。釣り針には、天然または人工の餌を付けて魚をおびき寄せ、釣り竿を動かしてかかった魚を捕獲します。これらの釣り糸は、キャスティング、スピニング、フライフィッシング用のリールに接続され、大型の魚や貝類の捕獲に役立ちます。また、槍や銛などの手持ちの道具を使って、魚に傷をつけたり、捕まえたりすることもあります。

市場の動向

スポーツフィッシング用品市場を牽引しているのは、水産業の大きな成長です。また、水上スポーツへの参加者の増加、釣り協会やレクリエーション・フィッシング・クラブの数の増加も市場の成長に貢献しています。スポーツフィッシャーマンやアングラーは、淡水でも海水でも使用できる高品質な釣り用具に投資しています。さらに、メーカーによる積極的なプロモーション活動や、消費者に幅広い選択肢を提供しながら手間のかからないショッピング体験を提供するオンライン販売市場の発展も、市場の成長を促進する要因となっています。メーカーは、センサーを搭載した革新的な製品を開発しており、スマートフォンのアプリケーションを使って釣り場の位置を確認し、追跡することができます。その他の要因としては、ミレニアム世代の人口増加や急速な都市化により、消費者が屋外でのレクリエーション活動を好むようになっていることなどが挙げられ、市場をさらに押し上げる要因になると予想されています。

主要な市場区分

世界のスポーツフィッシング用品市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・釣り竿

・リール

・釣り針

・釣り用ルアー

・釣り糸

・フィッシング・リグ

・フィッシングジグヘッド

・その他

アプリケーション別の市場区分

・淡水釣り

・海水釣り

エンドユーザー別の市場区分

・個人消費者

・クラブ

・スポーツ主催者

流通チャネル別の市場区分

・専門店・スポーツ店

・百貨店・ディスカウントストア

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のスポーツフィッシング用品市場における主要な企業としては、AFTCO Mfg.Co.Inc.、Gamakatsu、Globeride Inc.、Newell Brands、O. Mustad & Son、Okuma Fishing Tackle Corp.、Rapala VMC Corporation (Sofina)、Shimano Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]