ソノブイ市場、2021年から2026年にかけて6.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のソノブイ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.4%のCAGRで成長すると予想されています。

ソノブイとは、水中の物体の追跡や調査に使用される携帯型ソナーシステムを指します。ソノブイは、無線送信機と超高周波(UHF)を送信するためのハイドロフォンで構成されています。ソノブイは、海上警備や対潜水艦戦のために、航空機や船舶によって海中に打ち上げられます。一般的なソノブイの種類には、パッシブ型、アクティブ型、マルチスタティック型、バチサーモグラフ型、DIFAR(Differential Acoustic Frequency Analysis and Reading)型などがあります。これらのブイは、音波を海底に送信し、それがブイに反射して、範囲内の他の潜水艦の存在を検知し、潜在的な攻撃を防ぐのに役立ちます。

市場の動向

世界各地で海事産業が大きく成長していることは、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。また、他の潜水艦の存在を検知したり、水中の地震波を監視したりするためにソノブイの採用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、ソノブイは石油・ガス産業でも幅広く利用されており、海底層の組成をマッピングして塩水ドームや石油鉱床を特定するのに使用されています。これに加えて、高度なセンシング、レンジ、ディレクション機能の利用など、さまざまな技術的進歩も市場成長の促進要因となっています。アクティブソノブイには、高度な無線トランスデューサ、レシーバ、音響センシングシステムが搭載されており、運用効率を高めています。その他、国防費の増加や無人潜水機の導入拡大などの要因も、市場の成長をさらに加速すると考えられています。

主要な市場区分

世界のソノブイ市場は、機能、技術、設置方法、サイズ、レンジ、用途などに基づいて分類されています。

機能別の市場区分

・アクティブ

・パッシブ

・特殊用途

技術別の市場区分

・バチサーモ・ブイ

・指向性コマンド発動

・データリンク通信

・指向性周波数の解析と記録

・低周波数の解析と記録

・その他

設置方法別の市場区分

・スプリング式

・エアー式

・自由落下式

・カートリッジ式

サイズ別の市場区分

・サイズA

・サイズB

・サイズC

・その他

レンジ別の市場区分

・ショートレンジ

・ロングレンジ

用途別の市場区分

・防衛用

・商用

・その他

市場の競合状況

世界のソノブイ市場における主要な企業としては、General Dynamics Mission Systems、Radixon Group Pty Ltd (Robotron PTY Ltd.)、Sealandaire Technologies Inc.、Sparton Corporation、Tata Advanced Systems、Thales Group、Ultra Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]