航空サイバーセキュリティ市場、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の航空サイバーセキュリティ市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約9%のCAGRで成長すると予想されています。

航空業界では、地上と飛行のオペレーションを行うために、インターネットに接続されたシステムに大きく依存しています。そのため、航空会社が将来の混乱やサービス、評判、財務状況への悪影響に対抗するために考慮すべき新たな課題が増えています。現在、サイバーセキュリティの管理は、機内エンターテインメントや接続システム、客室乗務員の機器、電子化された地上システムや機内システム、電子フライトバッグ、貨物の取り扱いや輸送、レガシーシステムやデータリンク、航空交通管理システムへの攻撃を防ぐための重要な課題の一つとなっています。そのため、世界各地で航空サイバーセキュリティシステムの需要が高まっています。

市場の動向

航空サイバーセキュリティ市場は、旅客数の増加やサイバー攻撃の増加を背景に成長しています。また、高度な技術的ソリューションを用いて航空機のインフラをアップグレードすることも市場の成長に貢献しています。さらに、複数の国の政府機関が、航空機システムに対するサイバー規制の枠組みを構築しています。この傾向は、サイバーセキュリティシステムを強化するための研究開発(R&D)プロジェクトへの投資の増加とともに、今後数年間の市場成長を後押しするものと期待されています。しかし、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、多数の国の政府がパンデミックの拡大を抑制するための予防措置として、ロックダウンや渡航制限を実施しています。その結果、航空会社のサービスが急激に停止し、市場の成長にマイナスの影響を与えています。しかし、正常な状態に戻れば、市場は回復し成長軌道に乗ると予測されています。

主要な市場区分

世界の航空サイバーセキュリティ市場は、ソリューションタイプ、展開タイプ、アプリケーションに基づいて分類されています。

ソリューションタイプ別の市場区分

・スレットインテリジェンスとレスポンス

・アイデンティティとアクセス管理

・データ盗難防止

・セキュリティと脆弱性の管理

・マネージド・セキュリティ

・その他

展開タイプ別の市場区分

・クラウドベース

・オンプレミス

アプリケーション別の市場区分

・エアライン管理

・航空貨物管理

・空港管理

・航空管制管理

市場の競合状況

世界の航空サイバーセキュリティ市場における主要な企業としては、エアバス社、BAEシステムズ社、ブーズ・アレン・ハミルトン・ホールディング社、シスコシステムズ社、フォーティネット社、ジェネラル・ダイナミックス社、ハネウェル社、インターナショナル・ビジネス・マシンズ・コーポレーション社、ロッキード・マーチン社、パロアルトネットワークス社、タレス社、ユニシス社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]