車線逸脱警報システム市場、2021年から2026年にかけて約17%のCAGRで成長見込み

市場の概要

車線逸脱警報システムの世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約17%のCAGRで成長すると予想されています。

車線逸脱警報システム(LDWS)とは、車道の車線内における車両の位置を監視し、逸脱があった場合にドライバーに警報を発する車載電子システムを指します。このシステムは、ビデオカメラとアルゴリズムを使用して、車両の周囲の道路標識を検出し、車線内の位置を監視します。意図しない逸脱があった場合には、視覚、聴覚、またはステアリングホイールの振動などの触覚信号を送信してドライバーに警告します。これにより、ドライバーは速やかにカウンターステアを行うことができ、事故の可能性を最小限に抑えることができます。

市場の動向

自動車産業の著しい成長と、自動化システムの利用の増加は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。また、ドライバーの過失による交通事故死亡者数の増加も、市場の成長を後押ししています。LDWSは主に乗用車やその他の商用車に搭載され、乗客や歩行者の安全を確保します。さらに、交通安全に対する意識の高まりや、先進運転支援システム(ADAS)の導入も、市場拡大の要因となっています。これらのシステムは、車両を自動的に正しい車線に誘導し、ドライバーの集中力を維持することで、意図しない車線逸脱を最小限に抑え、事故を回避します。加えて、レーダーセンシング、データフュージョン、ビデオセンシング技術などの高度なシステムを1つのモジュールに統合することなども、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

車線逸脱警報システムの世界市場は、機能タイプ、センサータイプ、流通チャネル、車両タイプなどに基づいて分類されています。

機能タイプ別の市場区分

・車線逸脱警報システム

・車線維持システム

センサータイプ別の市場区分

・ビデオセンサー

・レーザーセンサー

・赤外線センサー

流通チャネル別の市場区分

・OEM

・アフターマーケット

車両タイプ別の市場区分

・乗用車

・小型商用車

・大型商用車

市場の競合状況

車線逸脱警報システムの世界市場における主要な企業としては、Autoliv Inc.、Continental Aktiengesellschaft、Delphi Technologies Plc (BorgWarner)、株式会社デンソー、株式会社日立製作所、Iteris Inc.、Magna International Inc.、Mobileye (Intel Corporation)、Robert Bosch GmbH、Volkswagen AG、ZF Friedrichshafen AG (Zeppelin-Stiftung)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]