尿素市場、2021年から2026年にかけて約3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の尿素市場は、2015年から2020年にかけて安定した成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約3%のCAGRで成長すると予測されています。

尿素(CH4N2O)またはカルバミドは、人間の肝臓に自然に存在する溶解性の高い窒素化合物です。商業的には、アンモニアと二酸化炭素(CO2)を高圧で結合させ、無臭の白色ペレットまたは結晶を得ることで合成されます。尿素は主にウレタンの製造に使用され、ウレタンはさらに重合されてポリウレタンフォームを形成します。また、肥料、飼料、医薬品、接着剤、積層板、成形用化合物、樹脂、コーティング剤、繊維仕上げ剤などの製造にも使用されます。尿素は、農業、化学、自動車、医療など、さまざまな産業分野で幅広く利用されています。

市場の動向

世界的に農業が大きく成長していることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。従来から使用されている硝酸アンモニウムと比較して、尿素はコスト効率が高く、より短期間で高い収穫量を得ることができます。このため、尿素は肥料や飼料添加物として広く採用されています。また、自動車産業における尿素の利用が増加していることも、市場の成長に寄与しています。自動車産業では、ディーゼル自動車から排出される窒素酸化物を最小限に抑えるために尿素が広く利用されています。自動車用尿素(DEF)は、トラック、バス、自動車、スポーツ用多目的車(SUV)の排気システムやタンクに注入され、ディーゼル車の排気から窒素酸化物を除去します。さらに、医薬品、染料、消毒剤、化粧品、酵母などの製造に幅広く利用されている高品質の工業用尿素が入手できることも、市場成長に拍車をかけています。その他の要因としては、尿素のエネルギー効率やコスト効率を高めるための溶融技術や造粒技術の進歩、化学工業における尿素の需要拡大などが、市場の拡大をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界の尿素市場は、グレード、用途、最終用途産業に基づいて分類されています。

グレード別の市場区分

・肥料用グレード

・飼料用グレード

・テクニカルグレード

用途別の市場区分

・窒素肥料

・安定剤

・ケラトライト

・樹脂

・その他

最終用途産業別の市場区分

・農業

・化学

・自動車

・医療

・その他

市場の競合状況

世界の尿素市場における主要な企業としては、Acron、BASF SE、BIP (Oldbury) Limited、EuroChem、Jiangsu Sanmu Group Co. Ltd.、Koch Fertilizer LLC、OCI Nitrogen、Petrobras、Qatar Fertiliser Company、SABIC、Yara International ASAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]