シリコーンエラストマー市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のシリコーンエラストマー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

シリコーンエラストマーは、直鎖状のポリマー、補強剤、架橋剤、触媒などを組み合わせて作られており、シリコーンゴムとも呼ばれています。シリコーンエラストマーは、耐熱性、耐湿性、難燃性、耐候性などの機能を備えています。また、高電圧線などの電子機器を絶縁・保護するための誘電特性も備えています。現在、シリコーンエラストマーは、導電性、熱伝導性、オープンセルフォーム、クローズドセルスポンジなど、さまざまな形態で広く提供されています。

市場の動向

シリコーンエラストマーは、世界的に自動車分野での利用が増加しており、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。このエラストマーは、コネクターシール、スパークプラグブーツ、ターボチャージャーホース、ガスケット、シリコンワイパーブレード、イグニッションケーブルなどに使用されています。また、低表面摩擦性、耐熱性、耐引裂性、自己粘着性などの特性も備えています。その結果、世界中の建築、医療、産業の各分野で幅広く使用されています。さらに、シリコーンエラストマーは、電気絶縁用のテープ、シート、ワイヤー、ケーブルの被覆材としても使用されています。また、世界中のパーソナルケアや化粧品業界でシリコーンエラストマーの利用が増えていることも市場を牽引しています。シリコーンエラストマーは、従来の高油分や脂肪アルコール系の代替品として採用され、ソフトフォーカス性やラインフィリング性を実現しています。さらに、大手メーカーは製品ポートフォリオを拡大するために研究開発(R&D)活動に投資しています。これに加えて、急速な都市化と工業化、自動車産業の急成長、美容整形手術を受ける人の増加などが、市場の成長を促しています。さらに、シリコーンエラストマーは、さまざまな形状に押し出すことができるため、これが市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界のシリコーンエラストマー市場は、製品別、用途別、地域別に分類されています。

製品別の市場区分

・高温加硫(HTV)

・室温加硫(RTV)

・液状シリコーンゴム(LSR)

用途別の市場区分

・電気・電子

・自動車・輸送

・産業機械

・消費財

・建設機械

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のシリコーンエラストマー市場における主要な企業としては、Bentec Medical、China National Bluestar (Group) Co. Ltd., Dow Inc., KCC Corporation, MESGO SpA (Hexpol AB), Momentive Performance Materials Inc., Reiss Manufacturing Inc., Shin-Etsu Chemical Co. Ltd.、Specialty Silicone Products Inc. (Heico Corporation), Stockwell Elastomerics Inc., Wacker Chemie AG.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]