ウェアラブルインジェクター市場、2021年から2026年にかけて約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ウェアラブルインジェクターの世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約15%のCAGRで成長すると予想されています。

ウェアラブルインジェクター(パッチポンプ)は、1回の投与で長時間薬を投与するためのコンパクトな薬物送達デバイスです。一時的に皮膚に貼り付けることで、粘性の高い薬剤を皮下組織から安全かつ迅速に大量に投与することができます。一般的には、オンボディ型とオフボディ型があり、薬を貯めるリザーバー、組織に物質を供給するカニューレ、適切な量の薬を供給する駆動システムから構成されています。従来から使用されているバイアルやシリンジに比べて、ウェアラブルインジェクターは使い捨てで使い勝手がよく、違和感や痛みも少ないため、広く使用されています。その結果、がん、糖尿病、関節リウマチ、心血管疾患などの治療に広く使用されています。

市場の動向

癌、神経疾患、自己免疫疾患などの慢性疾患の増加は、市場成長の主な促進要因となっています。また、このような疾患にかかりやすい高齢者人口の増加や、患者の間で低侵襲治療への需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、不正確な投与量や針刺し事故のリスクを最小限に抑えながら効果的に病気を管理するために、自宅で使用できる自己注射器への関心も高まっています。加えて、パッシブ警告システムやワイヤレス接続、Bluetooth技術を注射器に搭載するなど、さまざまな製品イノベーションも市場成長を促す要因となっています。これらの技術は、スマートフォンのアプリケーションを使って患者のモニタリングを容易にし、投与量のリマインダーをタイムリーに提供します。その他の要因としては、広範な研究開発活動や、特に発展途上国における医療インフラの大幅な改善などが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

ウェアラブルインジェクターの世界市場は、タイプ、技術、用途、最終用途に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・オンボディ

・オフボディ

技術別の市場区分

・スプリング式

・モーター駆動式

・ロータリーポンプ

・膨張式バッテリー

・その他

用途別の市場区分

・腫瘍

・伝染病

・心血管疾患

・自己免疫疾患

・その他

最終用途別の市場区分

・病院・診療所

・ホームケア

・その他

市場の競合状況

ウェアラブルインジェクターの世界市場における主要な企業としては、Becton Dickinson and Company、CeQur SA、Debiotech SA、Dexcom Inc、Enable Injections Inc、Gerresheimer AG、Insulet Corporation、Tandem Diabetes Care Inc、West Pharmaceutical Services Inc、Ypsomed AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]