経皮ドラッグデリバリーシステム市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

経皮ドラッグデリバリーシステムの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

経皮ドラッグデリバリーシステム(TDDS)は、皮膚を介して薬物を送達し、全身に行き渡らせる代替システムです。TDDSは、経口の血管内、皮下、経粘膜ルートの代替として使用されます。TDDSは、薬剤や化粧品などの生物学的活性物質を皮膚から送達することで、慢性疾患や急性疾患、美容整形などをサポートします。TDDSは、薬物の放出を制御することで、初回通過代謝の影響を減らし、副作用を軽減し、治療中の安定した血中薬物プロファイルを可能にすることで、投与の有効性を向上させます。

市場の動向

世界の経皮ドラッグデリバリーシステム市場は、経口薬などの従来のドラッグデリバリーシステムでは治療できない慢性疾患の事例が増加していることが主な成長要因となっています。糖尿病などの長期疾患の患者は、薬の自己投与にシフトしています。その結果、痛みを伴わずに1日の薬を投与できる粘着性の皮膚パッチが登場しました。これにより、患者や医師は痛みを伴わないドラッグデリバリーシステムを好むようになりました。また、イオントフォレーシスのような第三世代の経皮ドラッグデリバリーシステムの普及は、頻繁な通院を減らし、累積治療費を軽減することで、患者の自立を促します。さらに、マイクロニードルの採用、経皮吸収型パッチのデザインの変更、感圧接着剤や浸透促進剤の導入などの技術的進歩は、メーカーに大きなチャンスをもたらしています。

主要な市場区分

世界の経皮ドラッグデリバリーシステム市場は、技術、用途、地域に基づいて分類されています。

技術別の市場区分

・エレクトロポレーション

・ラジオ波

・イオントフォレーシス

・マイクロポレーション

・サーマル

・メカニカルアレイ

・超音波

・その他

用途別の市場区分

・中枢神経系

・疼痛管理

・心臓血管

・ホルモン

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の経皮ドラッグデリバリーシステム市場における主要な企業としては、3M Company、Acrux Limited、Boehringer Ingelheim International GmbH、久光製薬株式会社、Lavipharm S.A.、LEAD CHEMICAL Co. Ltd.、Luye Pharma Group、Nutriband Inc.、Viatris Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]