デジタル定量吸入器市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

デジタル定量吸入器の世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約12%のCAGRで成長すると予想されています。

デジタル式吸入器は、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者が治療のアドヒアランスを追跡できるように、シンプルで正確かつ信頼性の高い投与量カウンターを提供するために利用されています。これらの吸入器には、投薬時間を記録するセンサーが搭載されており、低用量警告インジケーターが表示されます。また、さまざまな患者さんが簡単にアクセスして理解できるように、大きなディスプレイを備えています。現在、デジタル式吸入器にはBluetooth技術が搭載されており、タブレットやスマートフォン、コンピューターとワイヤレスでペアリングすることで、データの自動転送を可能にしています。

市場の動向

気管支喘息、肺疾患、肺高血圧症(PH)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性呼吸器疾患(CRD)と診断される人の数が大幅に増加していることが、世界的にデジタル定量吸入器の需要を高める主な要因の一つとなっています。さらに、タバコを吸う人の増加、大気汚染の進行、農業・林業・鉱業での粉塵への曝露などにより、CRDを発症するリスクが世界中で高まっています。これが、市場の成長を後押ししています。また、多くの国の政府機関や非政府組織(NGO)が、慢性疾患とその治療法に関する認識を広めるためのプログラムを実施しています。さらに、肺の深い気道に薬剤の微粒子を送達することを目的としたドライパウダーインヘラー(DPI)システムが人気を博しています。その結果、いくつかのメーカーは、信頼性、一貫性、費用対効果を向上させたカプセル型や使い捨てのDPIデバイスを提供しており、これが市場を牽引しています。さらに、政府主催のプランや個人の保険、従業員のポリシーを通じて、患者に有利な償還制度が用意されていることも、呼吸器疾患の治療率を高めています。このことが、市場の成長を促していると考えられます。

主要な市場区分

デジタル定量吸入器の世界市場は、タイプ、製品、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ブランド医薬品

・ジェネリック医薬品

製品別の市場区分

・定量吸入器

・ドライパウダー吸入器

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のデジタル定量吸入器市場における主要な企業としては、3M社、AstraZeneca plc、GlaxoSmithKline plc、Glenmark Pharmaceuticals Limited、H&T Presspart Manufacturing Ltd.、Koninklijke Philips N.V.、Lupin Limited、Novartis AG、OPKO Health Inc.、Propeller Health (ResMed)、Sensirion AG Switzerland、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]