反射材市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の反射材市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

反射材は、接着剤、保護フィルム、機能層、光学グレードのガラスからなる膜構造で、光を跳ね返すことができます。これらの素材は、外気温や日射量に応じて太陽電池の反射率を変化させることができます。また、反射材は、布に織って安全ジャケットにしたり、塗料に混ぜて高速道路で利用したり、マーカーやリフレクター、道路標識などの安全装置に採用されています。夏の太陽エネルギーを建物で反射する従来の反射材に比べ、スマート再帰反射材は、季節の寒暖の差が激しい地域で人気を集めています。

市場の動向

自動車衝突事故(MVC)の増加に伴い、世界の交通安全当局は致命的な交通事故を最小限に抑えるための取り組みを行っています。そのため、交通安全装置や繊維製品に使用される反射材の需要が高まっています。また、航空宇宙産業においても、パイロットの視認性を高め、空中衝突を防ぐために使用されています。また、雪や霧、夜間などの光の少ない状況でも視認性と安全性を高めることができる、ソフトで快適な素材を導入しているメーカーもあります。これに加えて、高級ジャケット、ランニング用品、自転車用品、プロ用安全ユニフォームなどの製造にこれらの素材が使用されるようになってきており、市場の成長が加速しています。さらに、発電用の太陽光発電システム、水の汲み上げや維持管理、健康システムなどにも利用されています。さらに、戦場において敵の赤外線センサーによる検知を回避するために、赤外線(IR)反射繊維を使ったカモフラージュパターンの需要が高まっていることから、市場の成長が見込まれています。

主要な市場区分

世界の反射材市場は、製品、用途、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・ファブリック

・シート

・ペイント・インク

・テープ・フィルム

・コーティング

・特殊製品

・その他

用途別の市場区分

・繊維製品

・建築・道路

・自動車

・電子機器・半導体

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の反射材市場における主要な企業としては、3M Company、ALANOD GmbH & Co. KG、Avery Dennison Corporation、Changzhou Hua R Sheng Reflective Material Co. Ltd.、Coats Group Plc、Daoming Reflective Material India Pvt.Ltd.、NIPPON CARBIDE INDESTRIES CO. INC., ORAFOL Europe GmbH, Reflomax, SKC Co Ltd, Yeshili NEW Materials Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]