クーリングファブリック市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のクーリングファブリック市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

クーリングファブリックは、環境に応じて断熱性を変化させるゲル、ポリマー、または相変化材料(PCM)で構成されています。これらの繊維は、熱と湿気を吸収して大気中に放出することで機能し、衣服の通気性と換気性をさらに向上させます。また、身体活動中の快適な体温を維持し、灼熱の環境下での健康状態を保全します。さらに、優れた熱伝導性と肌触りの良さから、クーリングファブリックは世界中のスポーツウェアの製造に利用されています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的な流行と、それに伴うマスクなどの個人用防護具(PPE)のニーズの高まりは、熱ストレスから着用者を守るためのクーリングファブリックの需要を押し上げる主な要因の一つです。また、クーリングファブリックは、軍人、消防士、危険物の除去作業を行うスタッフが着用する重防護服にも使用されています。さらに、世界的なスポーツ愛好家の増加に伴い、いくつかのメーカーが、酸素摂取量を最大化し、活動する筋肉への血流を増加させ、運動中の炎症のリスクを低減する冷却服を提供しています。また、大手メーカーは、脳卒中や頭部外傷の患者の脳の温度を下げることができる実用的な冷却服を製造するために、研究開発(R&D)活動にも投資しています。さらに、不動産業界の著しい成長により、家具の張り地に使用するクーリングファブリックの需要が増加すると予想されています。

主要な市場区分

世界のクーリングファブリック市場は、タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・合成繊維

・天然素材

アプリケーション別の市場区分

・スポーツアパレル

・プロテクティブウェア

・ライフスタイル

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジアパシフィック

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のクーリングファブリック市場における主要な企業としては、Adidas AG、Ahlstrom-Munksjö Oyj、旭化成株式会社、Coolcore LLC、Formosa Taffeta Co. Ltd.、HexArmor、Nan Ya Plastics Corporation、Nike Inc.、Nilit Ltd.、Polartec LLC (Milliken & Company)、Tex-Ray Industrial Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]