使い捨て血圧計用カフ市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

血圧計用カフの世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約12%のCAGRで成長すると予測されています。

血圧計カフは、血圧計を構成するゴム製の部品のことで、上腕部に装着して空気を注入し、患者の血圧を測定するためのものです。現在、各国で行われている臨床研究では、使い捨てタイプの血圧計用カフが再使用タイプの血圧計用カフよりも支持されています。これは、使い捨てタイプの方が病院、診療所、その他の医療機関において、病原菌の感染リスクの低減に貢献しているからです。これに加えて、数社の大手メーカーは、様々なサイズと模様で、便利で耐久性のある製品を提供しており、洗浄や拭き取りが容易な素材でカスタマイズすることができます。

市場の動向

一般的に、人の収縮期血圧は年齢とともに上昇し、脳卒中や心臓病のリスクが高まります。そのため、不健康なライフスタイルや高齢者人口の増加は、市場の成長を促進する主な要因の一つとなっています。さらに、糖尿病、肥満、慢性腎疾患の患者数が大幅に増加していることも、血圧を定期的かつ非侵襲的に測定する血圧計の需要に影響を与えています。また、再利用可能な医療機器を介した医療関連感染(HAI)の拡大に対する懸念が高まっていることも、世界的に使い捨て血圧計用カフの需要にプラスの影響を与えています。また、多くの国の保健機関が民間企業と協力して、革新的で信頼性の高い製品を製造しています。これに加えて、いくつかの大手企業は、スマートで使いやすく、持続可能な製品の開発に注力しています。また、これらの企業は、オンライン流通チャネルを介して製品を販売することで、全体的なリーチを拡大しています。これにより、今後数年間、市場の成長が促進されると予想されています。

主要な市場区分

世界の使い捨て血圧計用カフ市場は、コールポイント、最終用途、地域に基づいて分類されています。

コールポイント別の市場区分

・外科医

・医師

・臨床医

最終用途別の市場区分

・病院

・クリニック

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の使い捨て血圧計用カフ市場における主要な企業としては、American Diagnostic Corporation、Briggs Medical Service Company、Cardinal Health Inc.、CONMED Corporation、General Electric Company、Koninklijke Philips N.V.、Microlife Corporation、Omron Healthcare Inc.、Spacelabs Healthcare Inc. (OSI Systems Inc.)、SunTech Medical Inc. (Halma plc)、Welch Allyn Inc. (Hill-Rom Holdings Inc.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]