バイオ可塑剤市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオ可塑剤の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

バイオ可塑剤とは、可塑化されたポリマーの柔軟性、質感、機能的特性、揮発性を向上させるために使用される生物由来の添加剤を指します。一般的に使用されているバイオ可塑剤には、エポキシ化植物油、カルダノール、イソソルビドエステル、クエン酸塩などがあります。これらは、大豆、パーム、ヒマシ油、クエン酸塩、ステアリン酸、デンプン、バイオマス、農産物、廃棄物などの植物性原料に由来します。従来から使用されているフタル酸エステル類と比較して、バイオ可塑剤は無毒で環境に優しく、溶出しにくく、混和性があり、費用対効果に優れています。そのため、ポリ塩化ビニル(PVC)ケーブルや樹脂、電線被覆材、ケーブル、食品包装材、医療機器、自動車部品などの製造に幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界的にPVC製品の需要が大幅に増加していることが、市場成長の主な要因の一つです。バイオ可塑剤は、柔軟なシートやフィルム、コーティングされた布や電気部品の安定性、安全性、効果を高めるために、PVC製品の製造に広く使用されています。さらに、消費財、食品包装材、医療機器などの製造にフタル酸系可塑剤の使用が禁止されたことも、市場の成長を後押ししています。また、建築資材への生物由来の可塑剤の使用が拡大していることも、市場の成長に寄与しています。バイオ可塑剤は、コンクリートに必要な水の量を減らし、他の建築材料の機能的安定性を高める効果があります。また、高品質の接着剤やシーラントを必要とする熱絶縁パネルや建築用の型、彫刻などにも高い効果を発揮します。さらに、急速に再生可能な植物由来の原料を用いて、生産性が高く、欠陥が少なく、生分解性に優れた速効性のバイオ可塑剤が開発され、市場の成長を後押ししています。その他の要因としては、大衆の間での環境意識の高まりや、持続可能な開発を促進する政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

バイオ可塑剤の世界市場は、製品別と用途別に分類されています。

製品別の市場区分

・エポキシ化大豆油(ESBO)

・ヒマシ油ベースの可塑剤

・クエン酸塩

・コハク酸

・その他

用途別の市場区分

・包装材料

・消費財

・自動車および輸送

・建築・建設

・繊維製品

・農業・園芸

・その他

市場の競合状況

世界のバイオ可塑剤市場における主要な企業としては、Avient Corporation、BASF SE、DIC Corporation、Dow Inc、DuPont de Nemours Inc、Emery Oleochemicals LLC、Evonik Industries AG、Lanxess AG、Matrica S.p.A.、OQ Chemicals GmbH、Roquette Freres、Solvay S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]