ホワイトバイオテクノロジー市場、2021年から2026年にかけて約10%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のホワイトバイオテクノロジー市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約10%のCAGRで成長すると予想されています。

ホワイトバイオテクノロジー(産業バイオテクノロジー)とは、バイオテクノロジーの科学的原理を産業現場に導入することにより、分解性のあるバイオベースの製品を開発するために、酵素や微生物などの生体触媒を使用することをいいます。一般的には、様々な必須の生物活性化合物、二次代謝物、色素、クエン酸、酢酸、グリセリン、アセトンなどの有機物質、ペニシリン、ストレプトマイシン、マイトマイシンなどの抗生物質の製造に使用されます。また、代謝物、生分解性プラスチック、生物制御剤、バイオベースの燃料、持続可能なエネルギーなどの製造・生成にも使用されています。その結果、ホワイトバイオテクノロジーは、バイオエネルギー、繊維、建設、化学、食品・飲料、医薬品など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

世界中でグリーンケミカルやバイオエタノール、バイオディーゼルなどのバイオ燃料の需要が高まっていることが、市場成長の主たる要因となっています。大衆の間で環境意識が高まっていることから、特に先進国では、消費者が個人用および産業用のプレミアムグリーン再生可能製品を求める傾向が強くなっています。また、バクテリアや微細藻類を利用して、バクテリアナノセルロース、エキソポリサッカライド、ナノワイヤなどのナノマテリアルや構造物を生合成することが、市場の成長を後押ししています。コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大し続ける中、肌に優しい手指消毒剤を製造するための天然アルコールの需要が世界的に大幅に増加しています。さらに、組織を金属や高分子の生体材料に接着するためのバイオインスパイアされたリン酸カルシウムセメントの開発など、さまざまなイノベーションも市場の成長に貢献しています。その他の要因としては、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発(R&D)活動や、政府の有利な政策の実施などが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。                        

主要な市場区分

世界のホワイトバイオテクノロジー市場は、製品およびアプリケーションに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・バイオ燃料

・バイオケミカル

・バイオポリマー

アプリケーション別の市場区分

・バイオエネルギー

・食品・飼料添加物

・医薬品原料

・パーソナルケア・家庭用品

・その他

市場の競合状況

世界のホワイトバイオテクノロジー市場における主要な企業としては、Archer Daniels Midland Company、BASF SE、Cargill Inc、DuPont de Nemours Inc、Fujifilm Holdings Corporation、General Electric Company、Henkel AG & Co. KGaA、株式会社カネカ、Koninklijke DSM N.V.、Lonza Group AG、三菱商事株式会社、Novozymes A/Sなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]