インメモリーアナリティクス市場、2021年から2026年にかけて23%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のインメモリーアナリティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は23%のCAGRで成長すると予想されています。

インメモリーアナリティクスは、ランダム・アクセス・メモリー(RAM)内のクエリデータを、複数のユーザーが異なるアプリケーション間で迅速、安全、かつ同時に使用することができます。これにより、深い洞察が迅速かつ正確に得られ、情報に基づいた積極的な意思決定が可能になります。また、収益の増加、リスクの管理、新製品やサービスのイノベーションを支援します。そのため、世界中の企業がインメモリーアナリティクスを採用しています。インメモリーアナリティクスは、クエリ分析、キューブの構築、集約テーブルの設計など、時間のかかる作業に費やす時間を最小限に抑えることができます。さらに、データソースへのアクセスを簡素化し、迅速なアクションとレスポンスを実現し、進化する消費者の要求に応えることができます。

市場の動向

サービスやビジネスを変革するためのデジタル技術の導入が大幅に増加しているため、データベース内のデータが大量に増加しています。このことが、情報への迅速なアクセスと容易な分析を可能にするインメモリーアナリティクスの必要性を高める主な要因となっています。また、データウェアハウスを構築するための専門知識やリソースを持たない中小企業にとっては、データウェアハウスに代わる費用対効果の高い手段となります。インメモリーアナリティクスは、様々な規模や複雑さを持つデータを、これまでにないスピードで分析する能力を、手頃なコストで提供します。また、オンラインバンキングサービスの利用が拡大していることから、世界の銀行・金融サービス・保険(BFSI)分野では、リスクや取引の管理、不正な支払いの検知など、インメモリ解析の応用にプラスの影響を与えています。さらに、地理情報システム(GIS)処理を含むアプリケーションにも活用されています。物流・交通業界では、交通渋滞や推奨ルート、交通障害などをリアルタイムで指示するためにGIS処理が広く利用されており、市場を牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界のインメモリーアナリティクス市場は、アプリケーション、組織規模、分野、地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場区分

・カスタマーエクスペリエンスマネジメント

・デザインとイノベーション

・オペレーション最適化

・マーケティングマネジメント

・リアルタイム分析と意思決定

・その他

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

分野別の市場区分

・BFSI

・小売・電子商取引

・官公庁・防衛

・ヘルスケア

・製造業

・IT・通信

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況 世界のインメモリーアナリティクス市場における主要な企業としては、ActiveViam、Amazon Web Services Inc.、株式会社日立製作所、Information Builders Inc. (Tibco Software Inc.)、International Business Machines Corporation、Kognitio Ltd、Microstrategy Incorporated、Oracle Corporation、Qlik Technologies、SAP SE、SAS Institute Inc.、Software AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]