ナノメディシン市場、2021年から2026年にかけて約10%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のナノメディシン市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約10%のCAGRで成長すると予想されています。

ナノメディシンとは、分子レベルでの病気の治療や組織の修復に用いられる、プログラム可能な特性を持つ特殊な多機能医薬品を指します。疾患の診断、治療、予防のために、イメージングエージェント、ナノロボット、バイオチップ、ポリマー治療薬などのナノ粒子、ナノチューブ、ナノデバイスを使用し、その基礎となる病態生理を分析することを指します。ナノ粒子には、金属や金属酸化物、リポソーム、無機粒子などがあり、これらは薬剤の輸送や体内の到達困難な部位へのターゲティングに使用されます。その結果、ナノメディシンはドラッグデリバリー、画像診断、ワクチン、再生医療、インプラントなどに幅広く応用されています。

市場の動向

世界的に慢性疾患が増加していることは、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。ナノメディシンは、腫瘍、神経、泌尿器、感染症、眼科、整形外科、免疫、心血管疾患などの治療に非常に有効です。また、コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大し続けていることから、効果の高いワクチンやナノキャリアシステムを製造するためのナノメディシンの需要が大幅に増加しています。これに伴い、個別化医療への嗜好の変化も市場の成長に寄与しています。さらに、診断手順を改善するためのナノスケール技術の様々な技術的進歩も、市場の成長を促進する要因となっています。製薬メーカーは、ナノメディシンを効果的に投与するために、ナノロボティックシステムやその他の新しいソリューションを使用しています。その他の要因としては、医療インフラの改善、バイオテクノロジー分野での広範な研究開発活動などがあり、これらが市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のナノメディシン市場は、ナノ分子タイプ別、製品別、アプリケーション別、地域別に分類されています。

ナノ分子タイプ別の市場区分

ナノ粒子

・金属および金属酸化物ナノ粒子

・リポソーム

・ポリマーおよびポリマードラッグコンジュゲート

・ハイドロゲルナノ粒子

・デンドリマー

・無機ナノ粒子

ナノシェル

ナノチューブ

ナノデバイス

製品別の市場区分

・治療学

・再生医療

・体外診断薬

・In-Vivo診断

・ワクチン

アプリケーション別の市場区分

・臨床腫瘍学

・感染症治療薬

・循環器領域

・整形外科

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のナノメディシン市場における主要な企業としては、アボット・ラボラトリーズ、アローヘッド・ファーマシューティカルズ、ゼネラル・エレクトリック・カンパニー、ルミネックス・コーポレーション、メルク・アンド・カンパニー、ナノバイオティクス、ノバルティスAG、ファイザー、サノフィSA、スターファーマ・ホールディングス・リミテッドなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]