救急サービス市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の救急サービス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約8%のCAGRで成長すると予測されています。

救急車とは、病気や事故による負傷で緊急の治療を必要とする患者を搬送するための緊急医療施設を指します。救急サービスは、地上、空中、水上の専用車両を使用して患者を医療機関に搬送します。これらのサービスは、患者に最適なケアを提供するために、通信・輸送ネットワーク、病院、外傷センター、専門治療センター、リハビリテーション施設と接続・統合されています。救急車は、緊急時と非緊急時の両方に使用され、患者の一次救命処置(BLS)および二次救命処置(ALS)のツールと統合されています。

市場の動向

世界的に医療業界が大きく成長していることが、この市場の見通しを明るくする主な要因の一つです。さらに、交通事故や自然災害、そして緊急の医療処置を要する病気の発生が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、高齢者人口の増加に伴い、想定外の非緊急事態や緊急事態のいずれにおいても救急サービスへの需要が大幅に増加しています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)が世界的に感染拡大し続けていることから、医療機関での救急サービスの需要が大幅に増加しています。また、患者に迅速で質の高い治療を提供するための革新的なツールや機器を備えた複数の専門分野を持つ救急車の登場も、市場の成長を促す大きな要因となっています。また、様々な医療機関では、感染症や重篤な状態の患者を搬送するために、利便性、柔軟性、安全性を高めた救急用航空機を採用しています。その他の要因としては、公衆衛生の向上のために政府が有利な政策を実施していることや、医療インフラの整備が進んでいることなどが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界の救急サービス市場は、輸送車両、救急サービス、機器に基づいて分類されています。

輸送車両別の市場区分

・救急車

・救急用航空機

・救急艇

救急サービス別の市場区分

・救急サービス

・非緊急サービス

機器別の市場区分

・高度救命処置(ALS)救急サービス

・基本的生命維持(BLS)救急サービス

市場の競合状況

世界の救急サービス市場における主要な企業としては、Acadian Ambulance Service Inc.、Air Methods Corporation、America Ambulance Services Inc.、Babcock International Group PLC、India Limited、Dutch Health B.V.、Falck A/S、Global Medical Response Inc.、London Ambulance Service NHS Trust、Medivic Pharmaceutical PVT LTD、Ziqitza Healthcare Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]