バイオセンサー市場、2021年から2026年の間に約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のバイオセンサー市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオセンサー(生物学的センサー)は、さまざまな生物学的プロセスの変化を検出し、それを電気信号に変換するための分析装置を指します。バイオセンサーは、酵素、核酸、組織、細胞受容体、微生物、抗体などの生物学的要素のモニタリングに使用されます。一般的に使用されるバイオセンサーには、質量センサー、光学センサー、電気化学センサー、磁気センサー、ナノメカニカルセンサー、温度センサー、音響センサー、免疫センサーなどがあります。バイオセンサーは、反応するセンサー、変換器、マイクロコントローラー、信号調整回路、表示装置などで構成され、共振鏡、ケミカルカナリア、オプトデバイス、バイオコンピューター、バイオチップ、グルコメーターなどに組み込まれています。バイオセンサーは、ポイントオブケア(POC)診断、研究、環境モニタリング、バイオディフェンスなどの用途に幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界的に医療業界が大きく成長していることが、この市場の見通しを良くする主な要因の一つです。さらに、患者、乳幼児、子供、アスリート、フィットネス愛好家などのバイタルサインを継続的にモニタリングするために、ウェアラブルバイオセンサーが広く採用されていることも、市場成長の後押しとなっています。これらのバイオセンサーは、個人の遠隔モニタリングを容易にし、生物学的データを医師に送信してリアルタイムにアラートを発することができます。また、バイオセンサーはスマートテキスタイルに組み込まれ、バイタルサインの追跡に便利です。これに伴い、コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大し続けていることから、医療機関では患者を継続的に監視するためのバイオセンサーの需要が大幅に増加しています。さらに、モノのインターネット(IoT)による接続機器の統合や、ナノテクノロジーを利用した革新的なバイオセンサーの開発など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因として作用しています。これらのバイオセンサーは、生体分子の検出のために、ナノチューブ、ナノワイヤ、ナノロッド、ナノパーティクルに使用されています。その他にも、医療インフラの大幅な改善や大規模な研究開発(R&D)活動などが、市場を成長に向かわせる推進要因として期待されています。

主要な市場区分

世界のバイオセンサー市場は、地域、製品、技術、用途、最終用途に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のバイオセンサー市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、AgaMatrix Inc. (WaveForm Technologies Inc)、DuPont de Nemours Inc.、F. Hoffmann-La Roche AG、General Electric Company、LifeScan Inc. (Platinum Equity LLC), Medtronic PLC, Nova Biomedical Corporation, PHC Holdings Corporation, Siemens AG, Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]