プリンテッド・エレクトロニクス市場、2021年から2026年の間に約16%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のプリンテッド・エレクトロニクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年の間に市場は約16%のCAGRで成長すると予想されています。

プリンテッド・エレクトロニクスとは、炭素ベースの化合物インク、インクジェットプリンター、フレキソ印刷、グラビア印刷、スクリーン印刷などの技術を用いて、箔、紙、ガラス、布ポリマーなどの基板上に開発された電子デバイスを指します。プリンテッド・エレクトロニクスには、ウェアラブルデバイス、フレキシブルキーボード、電子皮膚パッチ、バイオセンサー、ディスプレイユニット、有機発光ダイオード(OLED)、太陽電池などがあります。従来から使用されている電子機器と比較して、印刷された電子機器は、環境に優しく、軽量で、柔軟性があり、コスト効率が高く、必要な電力が少ないという特徴があります。そのため、航空宇宙、自動車、ヘルスケア、民生機器など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

世界の電子産業が大きく成長していることが、この市場の見通しを明るくする主な要因の一つです。次世代フレキシブル製品の需要の高まりとともに、エネルギー効率が高く、薄くて持続可能な民生用電子機器の需要が高まっています。また、スマートデバイスやコネクテッドデバイスの普及が、市場の成長を後押ししています。ウェアラブルデバイス、スマートパッケージングソリューション、医療機器、スマートアパレルなどでは、センシング、データストレージ、トランスミッションの特性が優れていることから、プリンテッド・エレクトロニクスに対する消費者の嗜好が変化しています。さらに、積層造形技術やスクリーン印刷技術などの様々な技術革新も、市場の成長を促進する要因となっています。これらの技術は、紫外線(UV)硬化型インク、プラスチゾルインク、水性インク、溶剤ベースのインクを用いて、完全な電気機械部品を高い精度で製造するのに役立ちます。また、印刷されたセンサーやパネルは、航空機や軍用車両のコックピットやナビゲーションシステムに広く使用されており、市場の成長に貢献しています。

主要な市場区分

世界のプリンテッド・エレクトロニクス市場は、材料、技術、デバイスに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のプリンテッド・エレクトロニクス市場における主要な企業としては、Agfa-Gevaert N.V.、BASF SE、DuPont de Nemours Inc.、E Ink Holdings Inc.、Molex LLC (Koch Industries)、Nissha Co. Ltd.、NovaCentrix、Optomec Inc.、Palo Alto Research Center Incorporated (Xerox Corporation)、Vorbeck Materials Corporation、Ynvisible Interactive Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]