プロセス分光法市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のプロセス分光法市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

プロセス分光法は、光、電磁放射と物質の間の相互作用を分析するために用いられる特殊な技術です。プロセス分光法では、ベンチトップ型、マイクロ型、ポータブル型、ハイフン型の分光器、増幅器、信号処理装置、表示装置、顕微鏡など、さまざまな装置を使用します。これらは、フーリエ変換赤外分光法(FT-IR)、ラマン分光法、核磁気共鳴法(NMR)、近赤外分光法(NIR)などによく用いられます。プロセス分光法では、放射線をその波長のスペクトルに分割して、電子、陽子、イオン、および発生する衝突エネルギーを調べます。そのため、医療、医薬品、生物学的研究、エレクトロニクスなど、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

製薬業界の大幅な成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。医薬品メーカーは、品質管理のために物質の多孔性を評価したり、製剤の状態を調べたりするためにプロセス分光器を使用しています。さらに、業界全体でプロセス分析装置の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。プロセス分光器は、バイオリアクター、スリップストリーム、反応容器、医薬品製造や水・廃水処理のための大容量プローブなどに広く使用されています。また、様々な製造プロセスの分析・監視・制御や、製品材料の欠陥の特定などにも利用されており、多くの人に支持されています。また、犯罪現場での有機化合物や物質の同定など、法医学分野での分光法の普及や、広範な研究開発活動なども、市場の成長を促進する要因となっています。

主要な市場区分

世界のプロセス分光法市場は、テクノロジー、コンポーネント、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場区分

・分子分光法

・質量分析

・原子分光法

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

アプリケーション別の市場区分

・ポリマー

・オイル&ガス

・製薬

・食品・農業

・化学

・水・廃水

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のプロセス分光法市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Agilent Technologies Inc.、Bruker Corporation、Buchi Labortechnik AG、Danaher Corporation、Foss A/S、Horiba Ltd.、Kett Electric Laboratory、Sartorius AG、Shimadzu Corporation、Thermo Fisher Scientific Inc.、Yokogawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]