洗濯機市場、2021年から2026年にかけてCAGR 3.5%で成長見込み

市場の概要

世界の洗濯機市場は、2015年から2020年にかけて安定した成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、市場はCAGR 3.5%で成長すると予測されています。

洗濯機は、衣類や布地を洗濯するための電子機器です。洗濯機は、布地を高速で回転させて遠心力を発生させ、繊維に付着した水と一緒に汚れを落とすことで動作します。洗濯機には、全自動式、半自動式、トップロード式、フロントロード式があります。全自動式洗濯機は、あらかじめプログラムされた機能を持ち、洗濯、乾燥、すすぎを自動的に行うことができます。半自動式洗濯機は、洗濯と乾燥を別々に行うためのツインタブシステムを備えています。洗濯機を構成する部品(タブ、タブガード、バランスリング、ポンプなど)は、鋼板やプラスチックを使用して製造されており、耐腐食性と長寿命化のために亜鉛や磁器のコーティングが施されています。

市場の動向

世界の洗濯機市場は、主に大衆間におけるオンラインランドリーサービスの広汎な普及が市場成長の需要な要因となっています。ライフスタイルの変化や多忙化に伴い、消費者の利便性を向上させるために、ドアステップでの集配機能を備えたオンデマンドのランドリーやドライクリーニングサービスへの嗜好が変化しています。また、家庭用・商業用を問わず全自動洗濯機が広く普及していることも、市場の成長を後押ししています。これらの洗濯機は、手作業を減らすのに役立ち、使い勝手がよく、場所もとりません。さらに、スマートフォンアプリケーションとIoT(モノのインターネット)の統合や、AI(人工知能)ソリューションによるリアルタイムの警告や洗濯機へのリモートアクセスなど、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。加えて、製品メーカーは、カーボンフットプリントとメンテナンスの必要性を最小限に抑えた、エネルギー効率の高い製品を開発しています。その他の要因としては、特に発展途上国におけるファッション・アパレル産業の著しい成長や、消費者の購買力の向上などが、市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の洗濯機市場は、製品、技術、容量、用途、最終用途に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・全自動

・フロントロード

・トップロード

・半自動

・乾燥機

技術別の市場区分

・スマートコネクテッド

・コンベンショナル

容量別の市場区分

・6kg以下

・6.1~8kg

・8.1kg以上

用途別の市場区分

・ヘルスケア

・ホスピタリティ

・その他

最終用途別の市場区分

・商業用

・住宅用

市場の競合状況

世界の洗濯機市場における主要な企業としては、ABエレクトロラックス、Alliance Laundry Systems LLC、Godrej Group、Haier Group Corporation、IFB Industries Limited、LG Electronics Inc.、MIRC Electronics Limited、Panasonic Corporation、Robert Bosch GmbH、Samsung Electronics Co. Ltd.、株式会社東芝、Whirlpool Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]