ワインコルク市場、2021年から2026年の間にCAGR 2.5%で成長見込み

市場の概要

世界のワインコルク市場は、2020年にマイナス成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場はCAGR 2.5%で成長すると予想されています。

ワインのコルクは、コルク樫の木の樹皮に由来する栓で、スティルワインやスパークリングワインのボトルを密封するために使用されます。その組織は、ワックス、スベリン、リグニンなどを用いた特殊な細胞層で構成されています。カプセルやプラスチック製の栓も販売されていますが、高級ワインのボトルの栓としてコルクは依然として人気があります。これは、耐湿性、高圧縮性、液体不透過性などの優れた特性が、ワインの熟成を長持ちさせ、全体的な味と香りを高めるのに役立っているためと考えられています。

市場の動向

可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、社会のトレンドの変化などにより、特に若年層を中心にワイン消費量が増加していることが、市場の成長を促す大きな要因となっています。また、ワインを適度に摂取することで、心臓病、脳卒中、糖尿病、消化器系感染症などのリスクが軽減されることから、高級品や高品質な製品に対する消費者の関心が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、グルメ料理において、完成した料理の味、香り、風味を良くするために、プレミアムワインのバリエーションを利用することが増えており、これが市場を牽引しています。その結果、ケーキやブラウニー、チョコレートやキャンディーなど製菓分野での用途が拡大しており、これがワイン用コルクの需要を増加させています。加えて、ワインツーリズムの人気が高まっていることから、エキゾチックでユニークなワインの販売が促進され、市場関係者にとって有利な機会となることが予想されています。

主要な市場区分

世界のワインコルク市場は、タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・天然

・合成

流通チャネル別の市場区分

・オフライン

・オンライン

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のワインコルク市場における主要な企業としては、Allstates Rubber & Tool Corp, Amorim Cork, Bangor Cork, Corksribas, Jelinek Cork Group, M.A. Silva Usa Llc, PrecisionElite limited company, Waterloo Container Company, WE Cork Inc, WidgetCo Inc, Wine Enthusiast Companies, Zandurなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]