ボイラー保険市場、2021年から2026年の間に14%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のボイラー保険市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は14%のCAGRで成長すると予想されています。

ボイラー保険とは、ボイラーの内部または外部で発生した爆発による損害や損失をカバーするために設計された保険の一種です。ボイラーは鋼鉄製の圧力容器で、その中で流体を超高温で加熱し、蒸気を発生させます。蒸気はボイラーから出て、給湯、セントラルヒーティング、ボイラー式発電、調理、衛生などの様々なプロセスや加熱用途に使用されます。この保険は、故障後の物理的な損害と、故障した機器の修理や交換に伴う経済的な損失を補償するものです。また、故障した機器が原因で腐ってしまった生鮮品の交換費用も補償されます。

市場の成長要因

保険分野における急速なデジタル化に加え、ボイラーなどの機器に関連する保守・修理費用の削減に対する需要が高まっていることが、市場の成長を促進する主な要因の一つです。また、中小企業が事業を拡大し、リスクや損失を軽減するために第三者賠償責任補償ソリューションへの依存度を高めており、これが市場の成長を後押ししています。保険会社は、収益を増加させ、全体的な顧客体験を向上させるために、斬新な戦略やポリシーを導入しています。また、音声によるトラブルシューティングサービスと接続機器の統合など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促進する要因となっています。これらの斬新なソリューションにより、消費者は高度な人工知能(AI)ベースのサービスを利用して、組織と直接つながり、リアルタイムで救済を求めることができます。その他の成長要因としては、急速な工業化や費用対効果の高い保険の登場などが挙げられます。

主要な市場区分

世界のボイラー保険市場は、ボイラータイプ、ボイラー燃料、補償タイプ、エンドユーザーに基づいて分類されています。

ボイラータイプ別の市場区分

・火筒式

・水管式

ボイラー燃料別の市場区分

・天然ガス

・石炭

・石油

・その他

補償タイプ別の市場区分

・ボイラーの補償

・ボイラーとセントラルヒーティングの補償

・ボイラー、セントラルヒーティング、配管・配線の補償

エンドユーザー別の市場区分

・化学物質

・製油所

・金属・鉱業

・食品・飲料

・その他

市場の競合状況

世界のボイラー保険市場における主要な企業としては、Aviva plc, Axa S.A., Bosch Thermotechnology Ltd. (Robert Bosch GmbH), British Gas (Centrica PLC), CORGI HomePlan Ltd (OVO Group Ltd), Domestic & General Group Limited, Future Generali India Insurance Co. (Robert Bosch GmbH)、British Gas(Centrica PLC)、CORGI HomePlan Ltd(OVO Group Ltd)、Domestic & General Group Limited、Future Generali India Insurance Co. Ltd.、HomeServe Membership Ltd.、Tata AIG General Insurance Company Limited(Tata Sons Private Limited)、The Hartford Steam Boiler Inspection and Insurance Company、YourCare Services Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]