自動車用触媒市場、2021年から2026年の間に4.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の自動車用触媒市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に4.5%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用触媒は、セラミックスや金属を微細なハニカム構造にして、プラチナ、ロジウム、パラジウムなどの溶液をコーティングしたものです。通常、自動車の排気システムに取り付けられ、炭化水素、窒素酸化物、一酸化炭素などの有害物質を、無害な窒素、水、二酸化炭素に変えるのを助けます。最近では、三元触媒がガソリン車の排ガス処理の先進システムとして注目されています。これらの触媒は、低温で作動する超薄型・高セルの担体で構成されており、自動車の点火時に発生する有害物質を効率よく除去することができます。

市場の動向

自動車の排ガスは、酸性雨や地球温度の上昇、肌荒れや呼吸器系の問題につながるなど、環境や人の健康に大きな影響を与えます。これに伴い、自動車の販売台数の増加とそれに伴う排出ガスの急増により、多くの国の政府機関が自動車の排出ガスに関する厳しい規制を実施することを余儀なくされています。このことは、粒子状物質や大気中の物質を除去するための自動車用触媒の需要を増加させる重要な要因の一つです。また、環境問題への関心の高まりを受けて、主要メーカーはリサイクル方法や持続可能な製造プロセスを採用しています。また、自動車用触媒の機能を向上させるための新技術への投資も行われており、これが市場の成長を促進すると予想されています。例えば、ナノテクノロジーやアルミナ薄膜を高温のゾルゲル技術で使用することで、貴金属の分布を改善し、ガスの排出を抑制しています。

主要な市場区分

世界の自動車用触媒市場は、材料、触媒タイプ、流通チャネル、車両タイプ、燃料タイプに基づいて分類されています。

材料別の市場区分

・プラチナ

・パラジウム

・ロジウム

・その他

触媒タイプ別の市場区分

・二元系

・三元系

・四元系

流通チャネル別の市場区分

・OEM

・アフターマーケット

車両タイプ別の市場区分

・乗用車

・小型商用車

・大型商用車

・その他

燃料タイプ別の市場区分

・ガソリン

・ディーゼル

・ハイブリッド燃料

・水素燃料電池

市場の競合状況

世界の自動車用触媒市場における主要な企業としては、BASF SE、Cataler Corporation (Toyota Motor Corporation)、Corning Incorporated、Cummins Inc.、DCL International Inc、Faurecia、Heraeus Holding、Ibiden Co. Ltd.、Solvay、Tenneco Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]