スピーチアナリティクス市場、2021年から2026年にかけて約22%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のスピーチアナリティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約22%のCAGRで成長すると予想されています。

スピーチアナリティクス(音声分析)とは、録音された音声やライブコールを抽出し、それらを分析して関連するビジネスインサイトを発見する自動化されたプロセスを指します。多くの方言の話し言葉を理解し、テキストに変換することができる特殊なソフトウェアを使用して実行されます。顧客データの保存や検索に関するコンプライアンスが求められるヘルスケアや銀行・金融サービス・保険(BFSI)の各分野で広く活用されています。最近では、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)戦略と組み合わせることで、企業収益および顧客維持率の向上に貢献しています。

市場の動向

コンタクトセンターは、お客様からのフィードバックを得るための主要な情報源となっています。しかし、通話記録の量は、コンタクトセンターが手作業でレビューや分析を行う能力を超えています。このことは、顧客満足度、競合情報、サービス問題、エージェントのパフォーマンス、キャンペーンの効果などに関する洞察を自動的に提供するスピーチアナリティクスの需要に好影響を与える重要な要因の一つとなっています。また、リスクおよびコンプライアンス管理の必要性が高まっていることから、世界中の企業がスピーチアナリティクスを導入し、既存顧客の維持、新規顧客獲得のための追加のマーケティング、広告、導入コストの削減に役立てています。さらに、スピーチアナリティクスは、情報技術(IT)や通信の分野でも普及しており、企業の消費者層の拡大や収益の増加に貢献しています。これに加えて、複数の市場参加者が経済的なクラウドベースのソリューションを提供していることから、世界中の中小企業におけるスピーチアナリティクスの導入が促進されると予想されています。

主要な市場区分

世界のスピーチアナリティクス市場は、タイプ、デプロイメント、企業規模、最終用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ソリューション

・サービス

デプロイメント別の市場区分

・オンプレミス

・クラウドベース

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

最終用途別の市場区分

・BFSI

・IT・通信

・小売

・ヘルスケア

・官公庁

・ホスピタリティ

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のスピーチアナリティクス市場における主要な企業としては、Almawave S.p.A.、ASC Technologies AG、Avaya、Calabrio, Inc.、CallMiner、Clarabridge、GemaTech、Genesys、inContact (NICE Systems)、OnviSource Inc.、OPEX Hosting、Verint System Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]