配電自動化システム市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の配電自動化システム市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

配電自動化システム(DAS)は、配電の収集・分析・管理を支援するシステムです。DASは、センサー、プロセッサー、スイッチ、情報通信ネットワークなどで構成され、電力システムの運用効率を向上させます。DASは、配電システムのさまざまな主要プロセスの速度と精度を向上させます。また、故障検出、電圧監視、無効電力管理、予防的設備保守、分散型エネルギー資源のグリッド統合などの運用通知をリアルタイムに提供します。

市場の動向

ホテル、病院、データセンター、企業オフィスなどでの電力需要の増加は、市場の成長を促進する主な要因の一つです。また、配電ネットワークのエネルギー効率や故障の即時検出に対するニーズも高まっています。これに加えて、電力DASが提供する信頼性、アイランド運用、運用パフォーマンスの向上などのメリットが、市場の成長に貢献しています。また、各国の政府機関によるスマートシティへの投資が活発化していることから、送配電インフラの整備が進んでいます。このことは、スマートグリッドへの需要の高まりや、既存のインフラを置き換えるための投資の増加と相まって、市場の成長を促進しています。さらに、民間の配電事業者、サービスプロバイダー、政府機関、機器メーカーは、革新的な技術を導入するための研究開発(R&D)活動に投資しています。これらの技術は、停電を減らし、既存の配電システムの全体的な効率を高めることが期待されています。

主要な市場区分

世界の配電自動化システム市場は、実装別、アプリケーション別、地域別に分類されています。

実装別の市場区分

・変電所オートメーション

・フィーダーオートメーション

・コンシューマ・サイド・オートメーション

アプリケーション別の市場区分

・産業用

・商業用

・住宅用

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の配電自動化システム市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Eaton Corporation Plc、G&W Electric Company、General Electric Company、Honeywell International Inc.、Hubbell Power Systems Inc (Hubbell Incorporated)、Itron Inc、Mitsubishi Electric Corporation、S&C Electric Company、Schneider Electric、Schweitzer Engineering Laboratories Inc.、Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]