自動車用シート市場、2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用シートの世界市場は、2020年に716億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用シートは、急ブレーキや急加速の際に乗員に快適性を提供し、保護するために使用される安全上重要なシステムです。一般的には、発泡体、プラスチック、金属構造を用いて作られており、いくつかのタイプがあります。例えば、一般的な自動車用シートは、太もも、お尻、背中の下部と上部を支えるように設計されています。さらに、運転席と助手席のシートは、スカブ、クッション、ヘッドレストの3つの主要部分から構成されています。最近では、折り畳み式パッド、ラップトップスタンド、エアバッグなどの革新的な機能を搭載することで、乗員にさらなる快適性と安全性を提供しています。

市場の動向

自動車の販売台数の増加は、市場を牽引する重要な要因の一つです。また、交通事故の増加に伴い、自動車の衝突時や激しい衝撃を受けた時に怪我をしないように、デュアルエアバッグやシートベルトプリテンショナーなどの革新的な安全機能の需要が高まっています。さらに、各国の政府機関は、致命的な事故を回避し、幼児が乗車する際の安全性を最大限に高めるために、ベビーカーシートの設置を義務付けています。このことは、親が子供の乗車時の安全性に関心を持つようになったことと相まって、市場の成長に貢献しています。これとは別に、自律走行車の出現により、メーカーは優れた快適性と人間工学を備え、軽量で持続可能な素材を使用したインテリジェントなシートシステムを設計するようになっています。さらに、いくつかの大手メーカーは、自動車用シートにスマートセンサー、空気移動装置、高出力密度ヒーター、対流式ヒーターを搭載しており、市場関係者に有利な機会を提供することが期待されています。

主要な市場区分

世界の自動車用シート市場は、素材タイプ、シートタイプ、車両タイプ、車両エネルギー源に基づいて分類されています。

素材タイプ別の市場区分

・ファブリック

・合成皮革

・本革

シートタイプ別の市場区分

・バケットシート

・ベンチシート

車両タイプ別の市場区分

・乗用車

・商用車

車両エネルギー源別の市場区分

・ガソリン

・ディーゼル

・電気

・その他

市場の競合状況

世界の自動車用シート市場における主要な企業としては、Adient plc、Aisin Seiki Co. Ltd.、Faurecia、GENTHERM、Lear Corporation、Magna International Inc.、NHK SPRING Co. Ltd., TACHI-S CO. LTD.、トヨタ紡織株式会社、TSテックCO. LTD.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]