建築サービス市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の建築サービス市場は、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長すると予想されています。

建築サービスには、ゾーニング、コード、安全要件に適合した建物や空間の美観を計画・設計することが含まれます。また、これらのサービスには、プログラミング、インテリアデザイン、フィージビリティ・スタディ、用地選定、プロジェクト管理、建物の状態の監査、レンダリングや販促資料の作成、専任の現場代理人、複数の契約書の作成などが含まれます。現在、建設業界の隆盛に伴い、橋やダムなどのインフラユーティリティから、病院や工場などの商業施設、集合住宅や別荘などの住宅まで、さまざまな建築物に利用されています。

市場の動向

建築サービスの採用に影響を与えている主な要因の一つとして、実現可能な廃棄物管理設計に対する需要の高まりや、インフラ開発プロジェクトの増加が挙げられます。また、建築サービスは、改修、改装、リノベーション、施設管理などにも利用されています。さらに、一人当たりの可処分所得の増加やライフスタイルの変化に伴い、豪華なインテリアデザインを備えた近代的な住宅への需要が高まっていることも市場を牽引しています。さらに、環境問題への関心の高まりを受けて、市場関係者は様々な持続可能なデザインサービスを提供しています。これらのサービスには、健康への影響の分析、福祉のためのデザイン、換気と計算流体力学、カーボンアカウンティング、プロジェクトの持続可能性評価などがあります。また、多くの国の政府は、歴史的建造物や公共インフラの改修・再構築に注力しています。これに加えて、スマートシティのインフラ構築にも投資しており、今後数年間、建築サービス市場の成長が見込まれています。

主要な市場区分

世界の建築サービス市場は、サービスタイプと最終用途に基づいて分類されています。

サービスタイプ別の市場区分

・建築アドバイザリーサービス

・建設およびプロジェクト管理サービス

・エンジニアリングサービス

・インテリアデザインサービス

・都市計画サービス

・その他

最終用途別の市場区分

・教育

・官公庁

・ヘルスケア

・ホスピタリティ

・産業用

・住宅用

・小売

・その他

市場の競合状況

世界の建築サービス市場における主要な企業としては、、AECOM、Aedas、DP Architects Pte Ltd、Foster + Partners Limited、Gensler、HDR Inc.、HKS Inc.、HOCHTIEF Aktiengesellschaft (ACS Group)、IBI Group Inc.、日建設計、Perkins&Will、Stantec Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]