放射性医薬品市場、2021年から2026年にかけてCAGR7%で成長見込み

市場の概要

放射性医薬品の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場はCAGR7%で成長すると予想されています。

放射性医薬品は、放射性同位元素で構成されたユニークな製剤で、臨床分野で診断や治療に用いられます。これらの医薬品は、核医学を専門とする放射性薬剤師によって投与され、錠剤の形で服用されたり、静脈などに注射されたりします。放射性医薬品が目的の場所に到達すると、放射性物質を放出して腫瘍細胞を破壊します。その結果、放射性医薬品は、甲状腺がん、脳腫瘍、リンパ腫、その他の骨に転移したがんの治療に使用されます。

市場の動向

世界的に放射性医薬品の使用が増加している主な要因は、高齢化社会の到来と不健康な食生活により、がん疾患が増加していることにあります。また、診断センターの数が増加していることも市場の成長を促しています。さらに、がん細胞の発生に関わる特定のタンパク質や遺伝子を標的とした薬剤を使用する、疾患標的型がん治療を提案する腫瘍医の数が増加していることも、市場成長にプラスの影響を与えています。さらに、放射性同位元素で標識されたペプチドやモノクローナル抗体ががんの診断や治療に用いられていることや、医療費の増加も市場の成長を後押ししています。市場の成長を促進すると予想されるその他の主な要因としては、全身の放射能を追跡してがん細胞の存在を判定するために、腫瘍医が放射性医薬品を使用するケースが増えていることや、PET(陽電子放出断層撮影)スキャンやSPECT(単一光子放出コンピュータ断層撮影)スキャンへの移行が進んでいることなどが挙げられます。

主要な市場区分

放射性医薬品の世界市場は、製品タイプ、アプリケーション、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・診断用核医学

・治療用核医学

アプリケーション別の市場区分

・腫瘍学

・心臓病学

・神経学

・内分泌学

・その他

最終用途別の市場区分

・病院・診療所

・研究機関

・診断センター

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

放射性医薬品の世界市場における主要な企業としては、Advanced Accelerator Applications (Novartis AG)、Bayer AG、Bracco S.p.A.、Cardinal Health Inc.、Curium Pharma、General Electric Company、IBA RadioPharma Solutions、Jubilant Pharma Limited、Lantheus Medical Imaging Inc、Nordion Inc.(Sotera Health)、NTP Radioisotopes SOC Ltd.、PharmaLogic Holdings Corp.、Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]