スマートマニュファクチャリング市場、2021年から2026年にかけて12.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スマートマニュファクチャリングの世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。スマートマニュファクチャリング(SM)は、インターネットに接続された機械を利用して生産プロセスを監視し、オペレーションの自動化やデータ分析を利用して製造業全体のパフォーマンスを向上させる機会を特定します。SMソリューションは、製造エンジニアやデータアナリストが、特定の部品の故障を特定し、予防的なメンテナンスを行うことで、機器の予期せぬダウンタイムを回避します。その結果、これらのソリューションは、世界中の製造業、自動車、防衛・航空宇宙産業で幅広く利用されています。

市場の動向

自動化とデジタル化によって製造業が大きく成長していることは、市場に好影響を与えている主な要因の一つです。これに加えて、知識ベースの製造や、センシング、高度な制御、モデリング、シミュレーション機能を備えたコネクテッド・サプライチェーンへの需要が大幅に増加していることも、市場の成長に寄与しています。この他にも、SMソリューションは、ダイナミックな生産やリアルタイムの最適化など、幅広いメリットを提供します。また、これらのソリューションは、事故、サイクルタイム、およびメンテナンスコストを削減します。これに伴い、原材料やエネルギーの供給の不確実性、競争の激化、運用コストの上昇に対する懸念が高まり、企業の生産性や効率性を高めるために、SMソリューションへの投資が増加しています。さらに、クラウドプラットフォームやモノのインターネット(IoT)の導入が進んでいることに加え、新興国での産業の急速な成長により、世界中の市場関係者に有利な機会がもたらされると予想されています。今後、世界のスマートマニュファクチャリング市場は、2021年から2026年までの予測期間に12.3%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界のスマートマニュファクチャリング市場は、コンポーネント、テクノロジー、エンドユース、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

テクノロジー別の市場区分

・機械実行システム

・プログラマブル・ロジックコントローラー

・エンタープライズ・リソースプランニング

・SCADA

・ディスクリートコントロールシステム

・ヒューマンマシン・インターフェース

・マシンビジョン

・3Dプリンター

・プロダクト・ライフサイクルマネジメント

・プラントアセットマネジメント

エンドユース別の市場区分

・自動車

・航空宇宙・防衛

・化学・素材

・ヘルスケア

・産業機器

・エレクトロニクス

・食品・農業

・石油・ガス

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のスマートマニュファクチャリング市場における主要な企業としては、3D Systems Inc.、ABB Ltd.、Emerson Electric Co.、Fanuc Corporation、General Electric Company、Honeywell International Inc.、Mitsubishi Electric Corporation、Robert Bosch GmbH、Rockwell Automation Inc.、Schneider Electric SE、Siemens AG、Yokogawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]