炭化ケイ素市場、2021年から2026年にかけて16.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

炭化ケイ素の世界市場は、2020年に7億6千万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間、市場は16.5%のCAGRで成長すると予想されています。

炭化ケイ素(SiC)またはカーボランダムは、ケイ素と炭素からなる脱酸素剤で、鉄鋼の製造に使用されます。通常は希少鉱物のモワサナイトとして産出され、人工的にSiCパウダーの形で合成することもできます。自動車のブレーキ、クラッチ、発光ダイオード(LED)、検出器、セラミックプレート、防弾チョッキなどに使用されています。炭化ケイ素は、従来使用されてきたシリコンマンガンやフェロシリコンと比較して、熱伝導率が高く、耐摩耗性、耐酸性に優れ、硫黄、アルミニウム、窒素の含有量が少ないという特徴があります。そのため、航空、航空宇宙、医療、電子、防衛、自動車、通信など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の動向

世界の鉄鋼産業の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。SiCは、歩留まりの向上や溶鋼の清浄化に効果があるため、ステンレス鋼の製造に広く使用されています。また、様々な半導体やその他の電子部品の製造に広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、高電圧・高温環境下でも機能するため、電気自動車(EV)の製造にも使用されています。また、自動車の軽量化や効率性の向上にも貢献しています。その他の要因としては、携帯電話の基地局や高周波動作でのSiCデバイスの使用が増加していることや、発電用の再生可能エネルギー資源の使用を促進する政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界の炭化ケイ素市場は、製品、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・ブラック・シリコン・カーバイド

・グリーンシリコンカーバイド

・その他

アプリケーション別の市場区分

・鉄鋼

・自動車

・航空宇宙

・軍事・防衛

・電気・電子

・ヘルスケア

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

炭化ケイ素の世界市場における主要な企業としては、AGSCO Corp、Carborundum Universal Limited (Murugappa Group)、Compagnie de Saint-Gobain S.A.、Cree Inc、Entegris Inc、ESK-SIC GmbH、Fuji Electric Co. Ltd.、General Electric Company、Genesic Semiconductor Inc.、Infineon Technologies AG、Renesas Electronics Corporation、SNAM Abrasives Pvt Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]