マラリア診断市場、2021年から2026年にかけて5.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

マラリア診断の世界市場は、2020年に7億2千万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に5.2%のCAGRで市場が成長すると予測されています。

マラリア診断とは、個人における感染の有無を検出するために行われる臨床検査を指します。マラリアは、感染したメスのアノフェレス蚊に刺されることにより、体内に寄生虫原虫が侵入することで発症します。一般的な症状としては、発熱、倦怠感、吐き気、頭痛などがあります。感染症の診断には、様々な迅速診断法、顕微鏡検査、分子診断法が用いられます。これらの検査では、間接免疫蛍光法(IFA)や酵素結合免疫吸着法(ELISA)を用いた抗原検出や血清学の技術が用いられます。これらの検査は、病院、研究所、診療所、研究機関、診断センターなどで広く使用されています。

市場の動向

世界的なマラリアの流行の拡大は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。マラリアは生命を脅かす感染症であり、特に発展途上国では多くの人命が失われています。しかし、マラリアの診断・治療法に関する個人の意識の高まりが、市場の成長を後押ししています。医療機関や診断研究所では、さまざまな段階で寄生虫を特定し、適切な治療計画を立てるために、顕微鏡を使った診断法を広く採用しています。また、マラリア診断のための定量的バフィーコート(QBC)法や末梢血塗抹標本法の開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因となっています。さらに、精度を高めるためのPOC(Point-of-Care)診断機器の普及も、市場の成長に寄与しています。その他の要因としては、国民の医療費支出が増加していることや、政府が公衆衛生を促進するための有利な政策を実施していることなどが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のマラリア診断市場は、技術、最終用途、地域に基づいて分類されています。

技術別の市場区分

・顕微鏡検査

・迅速診断テスト(RDTs)

・分子診断法

・従来のPCR

・リアルタイムPCR(qPCR)

最終用途別の市場区分

・病院

・クリニック

・診断センター

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のマラリア診断市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Access Bio、Beckman Coulter Inc. (Danaher Corporation)、bioMérieux SA (Compagnie Merieux Alliance)、Bio-Rad Laboratories Inc.、Nikon Corporation、Novartis AG、Olympus Corporation、Premier Medical Corporation Pvt. Ltd.、Siemens Healthcare GmbH (Siemens AG)、Sysmex Corporation、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]