鎌状赤血球症治療市場、2021年から2026年の間にCAGR11.8%で成長見込み

市場の概要

鎌状赤血球症治療の世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場はCAGR11.8%で成長すると予測されています。

鎌状赤血球症(SCD)は、全身に酸素を運ぶタンパク質であるヘモグロビンに影響を与える遺伝的な赤血球(RBC)の病気です。急性胸部症候群、貧血、血管閉塞症(VOC)など、多くの合併症を引き起こします。現在、SCDの治療には、血液や骨髄の移植が推奨されています。SCDの治療には、患部の骨髄をドナーから提供された健康な骨髄と交換することが必要です。その他の治療法としては、薬物療法や輸血などがありますが、これらは患者の特定の症状を軽減し、延命させる効果があります。

市場の動向

SCDの患者数が大幅に増加していることは、この疾患を効果的に治療できる新薬の需要を高める重要な要因の一つです。そのため、多くの国の医療規制当局は、新しい治療法の迅速な承認に注力しています。例えば、米国食品医薬品局(USFDA)は、2019年にSCDの成人および小児が経験する痛みを軽減する新薬を承認しました。さらに、政府当局は、研究者や製薬会社が新しい治療法を開発することを奨励するため、研究開発(R&D)活動を支援しています。例えば、米国の国立心肺血液研究所(NHLBI)の研究者は、欠損した遺伝子を回復させたり、新しいDNA系統を加えたりして、細胞の機能を向上させる遺伝子治療に取り組んでいます。これらの技術革新に加えて、可処分所得の増加や、利用可能な医療サービスに対する個人の意識の高まりが、市場の成長に寄与すると予想されます。

主要な市場区分

鎌状赤血球症治療の世界市場は、治療タイプ別、エンドユーザー別、地域別に分類されています。

治療タイプ別の市場区分

・輸血

・薬物療法

・骨髄移植

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・診断センター

・その他

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の鎌状赤血球症治療市場における主要な企業としては、AstraZeneca Plc、Baxter International Inc、bluebird bio Inc、Bristol-Myers Squibb Company、CRISPR Therapeutics、Emmaus Medical Inc、Global Blood Therapeutics Inc、GlycoMimetics Inc、Novartis AG、Pfizer Inc、Sangamo Therapeuticsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]