利用ベース自動車保険市場、2021年から2026年にかけて24.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

2015年から2020年にかけて、世界の利用ベース自動車保険市場は力強い成長を示しました。利用ベース自動車保険(UBI)、またはテレマティクス保険は、自動車の使用状況や消費者の運転行動に基づいて保険料を計算する、特殊な自動車保険の一形態です。一般的には、PHYD(Pay-how-you-drive)やPPM(Pay-per-mile)などの形式で提供されています。保険料は、車両に搭載されたテレマティクス機器から得られる、速度、時間、距離、運転パターンなどの情報に基づいて算出されます。従来の保険と比較して、UBIはより個人に特化しており、適切な運転を促進し、交通事故の発生を最小限に抑え、契約者の満足度を高めることができます。

市場の動向

世界的に自動車産業が大きく成長していることは、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、消費者の運転行動を監視するために遠隔診断が広く普及していることも、市場の成長を後押ししています。自動車メーカーは、運転習慣をモニタリングし、路上での突然の故障や事故を防ぐために、高度なテレマティクスベースのプラットフォームを小型車(LDV)に搭載しています。さらに、これらのシステムは、車両データを記録するために車両に追加のブラックボックスを設置する必要性を最小限に抑え、市場の成長を促しています。加えて、コネクテッド・ビークルの開発や、ドライバーの安全性に対する関心の高まりも、市場の成長に貢献しています。その他に、UBI保険の保険料率の大幅な引き下げや、テレマティクスの利用を促進する政府の有利な政策の実施などの要因も、市場の成長を後押しすると予想されます。今後、予測期間(2021年~2026年)において、世界の利用者ベース自動車保険市場は24.2%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界の利用ベース自動車保険市場は、タイプ、技術、車両タイプ、車両状態に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ペイ・アズ・ユー・ドライブ(PAYD)

・ペイ・ハウ・ユー・ドライブ(PHYD)

・マネージ・ハウ・ユー・ドライブ(MHYD)

・その他

技術別の市場区分

・OBD II

・ブラックボックス

・スマートフォン

・その他

車両タイプ別の市場区分

・小型車(LDV)

・ヘビーデューティビークル(HDV)

車両状態別の市場区分

・新車

・中古車

市場の競合状況

世界の利用ベース自動車保険市場における主要な企業としては、Aioi Nissay Dowa Insurance UK Ltd、Allianz SE、Allstate Insurance Company、American International Group Inc.、Assicurazioni Generali S.p.A.、AXA、Liberty Mutual Insurance Company、Mapfre S.A.、Progressive Casualty Insurance Company、State Farm Automobile Mutual Insurance Company、TomTom International BV、Unipfre S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]