バーチャルデータルーム市場、2021年から2026年の間に14.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のバーチャルデータルーム市場は、2020年に15億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は14.6%のCAGRで成長すると予想されています。

バーチャルデータルーム(VDR)とは、インターネットを利用して機密データを保存し、第三者と共有するためのSaaS(Software-as-a-Service)ソリューションです。VDRは、メモやブックマーク、Q&Aツール、多要素認証や電子透かしなどの機能を備えています。物理的なデータ保管が不要で、どこからでもすぐにアクセスできます。資金調達、M&A、新規株式公開(IPO)などを容易にするオンラインリポジトリとして機能します。その結果、世界中の銀行、金融サービス、保険(BFSI)の分野で、ドキュメントからコンプライアンスまで、日々の業務を管理するために採用されています。

市場の動向

このように、業務改善や文書管理の安全性を確保するための先進的なソリューションへの移行は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。VDRを利用することで、企業は安全かつオンデマンドでコスト効率の高い方法で情報を共有することができます。また、急速なデジタル化と新しいビジネスモデルの出現により、M&Aが促進され、それが市場の成長に寄与しています。さらに、新興企業の増加は、機密情報の共有やデューデリジェンス用の機密文書の管理に役立つVDRの需要に影響を与えています。加えて、製造プロセスにおける自動化の傾向が強まっていることも、設計や製品データをメーカー間で共有するためのVDRの導入を促しています。また、数社のサービスプロバイダーは、人工知能(AI)や機械学習(ML)を取り入れて、文書の自動翻訳やレッドフラッグ分析を可能にしています。さらに、カスタマイズされたVDRの構造を導入しており、これが市場の成長を加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のバーチャルデータルーム市場は、コンポーネント、展開タイプ、企業規模、ビジネス機能、産業分野に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

展開タイプ別の市場区分

・クラウドベース

・オンプレミス

企業規模別の市場区分

・大規模企業

・中規模企業

・小規模企業

ビジネス機能別の市場区分

・マーケティング・セールス

・法務

・財務

・人事・労務

産業分野

・BFSI

・小売・電子商取引

・官公庁

・ヘルスケア・ライフサイエンス

・IT・通信

・その他

市場の競合状況

世界のバーチャルデータルーム市場における主要な企業としては、Ansarada Pty Ltd.、Brainloop AG (Diligent Corporation)、CapLinked、Citrix Systems Inc.、Datasite Global Corporation、DealRoom Inc.、EthosData、Firmex Inc.、FORDATA sp. z o.o.、iDeals Solutions Group、Intralinks Holdings Inc. (SS&C Technologies)、SecureDocs Inc.、ShareVault(Pandesa Corporation)、SmartRoom(BMC Group)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]