水素生成市場、2021年から2026年の間に5.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の水素生成市場は、2020年に1,226億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.5%のCAGRで成長すると予想されています。

水素は、さまざまなプロセスと多様な資源を用いて生成することができます。例えば、熱化学プロセスでは、水素を放出するために化石燃料を利用する必要があり、他のプロセスでは、電気分解や太陽エネルギーによって水を水素と酸素に分解します。現在では、バクテリアや藻類を利用した新しい方法も導入されており、経済的、効率的で環境にも優しい方法となっています。最近では、石油の精製、金属の処理、肥料の製造、食品の加工などで、水素発生の需要が高まっています。また、世界中で電気自動車(EV)の燃料としても注目されています。

市場の動向

エネルギー需要の増加は、環境問題への関心の高まりと相まって、水素のような持続可能なエネルギー源の必要性を高める主な要因の一つとなっています。さらに、多くの国の政府機関が、自動車部門の二酸化炭素排出量を削減するための厳しい規制を実施しており、これが世界的に電気自動車の販売を促進しています。これに加えて、発電機の冷却剤として水素が広く使用されていることも、市場の成長を後押ししています。これに加えて、水素製造技術のコストや環境への影響を低減するために、いくつかのプロジェクトが実施されています。例えば、原子力エネルギーを利用した水素製造は、二酸化炭素排出量を最小限に抑え、世界的な気候変動問題に対応するための経済的なソリューションと考えられています。これにより、ガラス精製、肥料製造、半導体製造などの分野での水素製造の需要が世界的に高まると予想されます。

主要な市場区分

世界の水素生成市場は、テクノロジー、アプリケーション、システムタイプ、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場区分

・石炭ガス化

・メタン水蒸気改質

・その他

アプリケーション別の市場区分

・メタノール製造

・アンモニア製造

・石油精製

・交通機関

・発電所

・その他

システムタイプ別の市場区分

・マーチャント

・キャプティブ

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の水素生成市場における主要な企業としては、Air Liquide International S.A.、Air Products Inc、CLAIND srl、INOX Air Products Ltd.、Linde plc、Mahler AGS GmbH、McPhy Energy S.A.、Messer Group GmbH、NEL Hydrogen、大陽日酸株式会社、Weldstar Inc.、Xebec Adsorption Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]