構造断熱パネル市場、2021年から2026年の間に5.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の構造断熱パネル市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は5.8%のCAGRで成長すると予測されています。

構造断熱パネル(SIP)は、一般的に住宅や小規模商業施設の建設に使用されるプレハブの軽量建築システムです。このパネルは、ポリイソシアヌレート(PIR)、ポリウレタン(PU)、発泡ポリスチレン(EPS)、押出ポリスチレン(XPS)などの断熱フォームコアを、2枚の構造材や配向性ストランドボード(OSB)の間に挿入して製造されます。これらのパネルは、天井、屋根、壁、床に使用され、レンガ、ブロック、石、タイル、スレート、木材、スチール、ガラスと組み合わせることで、耐久性、エネルギー効率、全体的な費用対効果を高めることができます。また、最小限のエネルギーで最適な温度を維持するための冷蔵倉庫システムにも使用されています。

市場の動向

世界的に建設業界が大きく成長していることが、市場の見通しを明るくする主な要因の一つです。大衆の環境意識向上に伴い、不燃性、軽量、耐熱性、柔軟性に優れた建築材料の需要が高まっています。これに伴い、各業界で冷蔵保存用途のSIPの需要が増加していることも、市場の成長に寄与しています。SIPは、食品加工、食品の調理、倉庫、温度に敏感な医薬品や小売製品の保管システムなどに広く使用されています。さらに、防音バリアントや曲面壁パネルの開発など、さまざまな製品のイノベーションも市場成長を促す要因として作用しています。これらの革新的なSIPは、スタッドフレーミングや壁の非直交デザインに多用されています。その他の要因としては、特に発展途上国における大規模なインフラ整備や、温室効果ガス(GHG)の排出を最小限に抑えるための政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の構造断熱パネル市場は、製品別、用途別、地域別に分類されています。

製品別の市場区分

・ポリスチレン

・ポリウレタン

・グラスウール

・その他

用途別の市場区分

・壁・床

・屋根

・冷蔵倉庫

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の構造断熱パネル市場における主要な企業としては、All Weather Insulated Panel、American Insulated Panel、Enercept Inc、Ingreen Systems Corp、Isopan (Manni Group S.p.A)、Kingspan Group plc、KPS Global、Metr-Span Llc (Cornerstone Building Brands)、Owens Corning、PFB Corporation、Premier Building Systems Inc、Structural Panels Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]